2009年09月03日

音痴は脳神経の回路の異常が原因で起こる。

音痴は脳神経の回線が理由〜最新調査から

 脳神経回路の問題が音痴の原因であることが、最新調査で明らかになった。

 USAトゥデイによると、ハーバード医科大学で音楽と脳を研究するサイキ・ルーイ氏らが調査を実施、「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」誌上で報告した。

 音痴とは、聴覚や会話には問題がないが、音程がわからない人々を指す。音痴は遺伝し、全人口の4〜17%存在するとされる

 ルーイ氏らがボストンで、10人の音痴の人を含む20人を対象に脳スキャンを行ったところ、特定部分の神経回路に違いがあることがわかった。音痴の人の場合、音声の受信や発信に関連する、脳の前頭部と側頭部を結ぶ神経回路が、音痴でない人に比べ少なかった。なかには神経回路がまったく見つからない人もいた。

 ルーイ氏はこれを、脳内の2つの島を結ぶ高速道路にたとえて、音痴の人の場合「高速道路の交通量が少ない」と表現している。

 今回調べた神経回路は、言語能力に関係することが以前から知られている。ルーイ氏は調査をさらに進めることで、音痴の人や、言語能力に障害がある人々の一助になる可能性があると見る。



 音痴ってやっぱり聴覚を通して情報処理してるところがおかしいんですね。情報は入っても言葉としてうまく表せない失語に似ているかも。

 でもたしか改善する方法はあったような?

 ピアノやってる人は絶対音感が身につくらしいですけど、すごくピアノうまい人でも音痴な人がいるというのは、鍵盤を叩くことと歌うことは違うから、らしいですわ。

関連
医学処:脳内マリファナが小脳に働けば、運動音痴は治る
医学処:方向音痴は海馬の歯状回で細胞が増加していない


広告
posted by さじ at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。