2009年08月18日

エイズ患者の4人に1人は仕事を離職した経験がある。

エイズ患者ら 4人に1人離職経験

 エイズ患者とHIV(エイズウイルス)感染者の約4人に1人は仕事を辞めた経験があり、離職経験者の約1割は「不当な理由で解雇された」ことが、厚生労働省の障害者保健福祉推進事業のアンケート調査で分かった。企業などでの患者への理解が進んでおらず、就職面での厳しい現実が浮き彫りになった。

 国立国際医療センター戸山病院エイズ治療・研究開発センターやエイズ治療ブロック拠点病院など全国15病院に通院するエイズ患者ら2000人に対し、今年1月までに就労状況をアンケート調査。約6割から回答があった。

 HIV感染を理由に仕事を辞めた経験があったのは全体の23%。理由を質問したところ、「不当な理由で解雇された」と答えた人が9%もいた。

 調査を行った、薬害エイズの支援団体「はばたき福祉事業団」(東京都新宿区)理事長の大平勝美さんは「私たちの団体にも、『感染者がいると企業イメージが悪くなる』『社員共有の湯飲みを通して感染しないか』などと言われて辞めさせられたとの相談が寄せられている。就職差別は今も深刻な状況。私たちの団体は企業や行政などと話し合い、就労状況が改善するように努力していく」と話す。

 就労者に感染の事実を会社に伝えているか尋ねたところ、約半数にあたる47%が伝えていないと答えた。感染を知られることで退職を迫られるのではないかとの不安が背景にある。



 HIVに関する偏見も未だにあるんですねぇ。

 感染症、というイメージや、性行為によってうつるという認識がそれを助長しているのか。

 でも個人的には、仕事をしているだけというか、普通に接しているだけなら感染することがあるはずないと思いますからねぇ。年配の人からみればまだエイズという病気は恐怖の対象なのか。

 時間が解決する問題ではありますが、今から強く修正していかないと、何年経っても変わりませんからね。


広告
posted by さじ at 23:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
会社になぜわかるのか不思議です。
感染の危険性のある仕事ありますかね?まずないと思いますが…
Posted by あっき at 2009年08月21日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。