2009年08月03日

日焼けマシンの使用は発がんリスクを確実に高める。

「日焼けマシン、発がんリスク最高レベル」 WHO

 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、日焼けサロンやスポーツジムで使われ、人工的に紫外線を出す「日焼けマシン」の使用は発がんリスクを確実に高めるとして、発がんリスク分類でもっとも危険性の高い「グループ1」に引き上げた。

 IARCは、日焼けマシンと皮膚がん(メラノーマ)との関係を調べた19論文を分析。30歳未満で日焼けマシンを使った経験のある人は、使ったことのない人より75%もリスクが高いことがわかった。日焼けマシンの使用による、眼球の色素細胞にできるがんのリスクも高かった。

 従来、紫外線のうちB紫外線(UVB)にだけ発がん性があると考えられていたが、A紫外線(UVA)もUVBと同じように発がん性があることもわかったという。地上に降り注ぐ紫外線の95%がUVAだ。

 日焼けマシンは5段階の発がんリスク分類で危険性が2番目に高いグループだった。危険性が一番高いグループにはアスベストやたばこ、X線、太陽光などがある。

 紫外線に詳しい名古屋市立大の森田明理教授(皮膚科)は、「黄色人種は白人に比べて紫外線によるがんのリスクは数分の1だとされるが、油断はできない。屋外で浴びる紫外線の量が、欧米の多くの都市よりもかなり多いからだ。外出のときは、皮膚が赤くなるような日焼けをしないように、日焼け止めや日傘で予防すべきだ」と警告する。



 まぁそりゃあそうですよね。あの人工的な日焼けをつくる日焼けマシンで発癌リスクが高くならないわけがない、か。。。

 夏まっさかり、屋外プールで焼きまくりたい気持ちはあるでしょうけれど、赤くなるほど焼く必要はありません。人間、ほどほどが一番です。

 特に若い女性、若気の至りで、黒く焼くのは自己責任ですが、20代中盤あたりから泣きをみることのないように・・・。

関連
医学処:日焼け止めクリームの人気商品について。
医学処:日焼け止めクリームを使っても紫外線から肌を守れない問題
医学処:紫外線を浴びることで皮膚細胞の寿命が短くなっていく。


広告
posted by さじ at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。