2009年07月23日

流行性角結膜炎の新ウイルスを北大が発見する。

「はやり目」新ウイルス発見 北大教授ら 治療薬開発に期待

 北大大学院医学研究科の大野重昭特任教授(眼感染症学)らの研究グループは16日、夏場に全国的に流行する「流行性角結膜炎」の原因となる新型アデノウイルス2種類を世界で初めて発見したと発表した。今後は国内外の研究機関と連携して、ウイルスの誕生過程や流行のメカニズムを研究、将来の治療薬開発に向けた基礎研究を行う。

 グループは大野特任教授のほか、青木功喜・北大大学院客員研究員、診断検査会社「三菱化学メディエンス」(東京)の石古博昭・生体防御研究室長の計3人。

 流行性角結膜炎は「はやり目」といわれ、伝染力が強く、気温や湿度の高い夏場に流行する。充血して、目やにが出て、視力低下を引き起こすこともある。日本では年間60万〜100万人が感染する。



 ほう。アデノウイルスの新しい型が。

 かなり感染力の高いウイルスですが、その型によってなる疾患が異なります。例えばアデノウイルス3、4,7、11型などは咽頭結膜熱(いわゆるプール熱)に。アデノウイルス8、19、37型が流行性角結膜炎に。11型は出血性膀胱炎を引き起こすことも。

関連
医学処:SMAPの中居正広が流行性角結膜炎になり両目とも開かない状態
医学処:ベルツ賞に、再生医学による重症角膜疾患の新規治療法


広告
posted by さじ at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 眼科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。