2009年06月22日

花王研究グループが、くせ毛の髪の細胞構造を解明する。

くせ毛の構造を画像で解明 細胞分布に偏り

 くせ毛は、毛の中にある2種類の繊維状の細胞が偏って分布して起きていることを、花王の研究グループが画像化して明らかにした。くせ毛を直す製品の開発につながる可能性がある。

 髪の毛は表面を覆うキューティクルの下に、微細な繊維状のコルテックスという細胞が縦方向に束になって並んでいる。コルテックスは構成するたんぱく質の違いでオルト、パラという2種類の細胞があることが知られており、研究グループは蛍光色素で染め分ける方法を開発。約230人の日本人女性のくせ毛と直毛を調べた。

 すると、直毛では両者の細胞が同心円状に並び、大きな偏りはなかったのに対し、くせ毛では曲がった部分の外側にオルト細胞が多く、内側にパラ細胞が多いことが画像で示された

 くせ毛の断面を電子顕微鏡で3次元的に撮影すると、オルト細胞の集まった外側では繊維がねじれて配列、内側ではパラ細胞が真っすぐに並んでいた。直毛とくせ毛の部分がある1本の毛でも、くせ毛の部分は同様の構造だった。

 花王ビューティケア研究センターの伊藤隆司副主席研究員は「なぜこうした変化が起きるかはわからないが、構造がわかってきたので、くせ毛を直す成分の開発などにつなげたい」と話している。



 まあ遺伝子のせいでこういう細胞の並びになるのでしょうねぇ。くせ毛を治すには薬品と熱処理で矯正するしかないですけど、あれはこの蛋白質の構成を強引に変えているにすぎないですからね。

 全国のくせ毛で悩む人たちのために、花王の研究員の方々、頑張ってください。細胞の並びを、髪の毛の生え始めから同心円状にすればいいわけですよね。そうは分かっていても、実際に治療するのはなかなか難しい。。

関連
医学処:ジャパニーズ・ストレートパーマが海外で大ウケ
医学処:後頭部の頭皮を移植して、睫毛(まつげ)を増やす美容形成


広告
posted by さじ at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック