2009年06月14日

Wiiでパーキンソン病の進行を抑制しよう。

パーキンソン病、ゲーム機使い進行抑制 徳島病院

 国立病院機構徳島病院(吉野川市鴨島町敷地)は、神経の難病「パーキンソン病」専門のリハビリセンターを開設した。センターでは、家庭用ゲーム機を使って病気進行要因のストレスを解消するリハビリを実施、薬物療法に並ぶ新たな治療法として確立を目指している。徳島病院によると、神経難病を対象にした本格的なリハビリは全国でも珍しいという。

 センターは症状の軽い患者が対象で、神経内科医と言語、作業、理学各療法士の計16人で運営。リハビリに取り組む入院期間は4週間で、その間に独自のメニューに取り組んでもらう。本年度は60人を受け入れる見込み。

 メニューは患者一人一人に合わせ、柔軟体操や発声練習などの基礎訓練と、ストレス解消を目的とした訓練を組み合わせる。

 ストレス解消方法として、バランス運動ができるゲーム機「Wii(ウィー)」を使ったプログラムや音楽鑑賞、カラオケ、化粧などを取り入れている

 パーキンソン病は薬による治療が一般的。しかし、対症療法のため効果には限界があることから、ストレスを解消するリハビリで病気の進行抑制を図るのが狙い。

 5月中旬から患者2人が入院し、リハビリに取り組んでいる。その1人、井川政男さん(71)=北島町北村=は「どの訓練も楽しく、10日目ぐらいから体が軽くなった。退院後も自宅で続けたい」という。

 センター長の三ツ井貴夫医師は「患者には心配性の人が多い。楽しいリハビリで少しでも症状を和らげてほしい」と話している。



 Wii Fitがかなり売れているらしいですが、確かにああやって楽しく運動できればお年寄りでも良いかもしれませんね。

 より高齢者向けの、Wii Fitのシートバージョンのようなものがあれば、いっそう安全に取り組めると思います。医療関係で特注してみたら面白いかも。

関連
医学処:パーキンソン病の患者からiPS細胞を作ることに成功する。
医学処:パーキンソン病の一種「ペリー症候群」の遺伝子変異を特定する
医学処:脳の特定のニューロンをレーザーで活性化することに成功する


広告
posted by さじ at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。