2009年06月07日

バッハの生演奏を行うことで白血病患者の症状が改善する。

バッハの生演奏が、白血病患者の症状を改善

 世界的に有名なウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のバイオリニストらが白血病患者の病室で生演奏する実験を行ったところ、血圧の低下が持続するなど症状が大幅に改善したとウィーン医大の研究チームが発表した。ストレス軽減効果があったとみられる。地元メディアが6日までに伝えた。

 実験は2年前に始まり、骨髄移植を受けた患者15人とバイオリニストら楽団員6人が参加。移植手術の数日後、楽団員がそれぞれ病室を訪ねてベッド脇で約20分間、バッハなどの曲を演奏した。患者の緊張は音楽とともにほぐれ、演奏中から血圧が下がったほか、心拍数も安定し、その状態は演奏後も続いた。演奏はCDに録音され、患者がCDを聴いて演奏を思い返すたびに良好な結果が出たという。患者からは精神的な効用を強調する声が上がった。  



 ウイーンならではの研究という感じ。

 やはり音楽は有効なんでしょうかね。No music No life。

 日本でもこういった病院ボランティアは結構さかんに行われていますけれど、個別に演奏するというのはないかもしれませんね。移植手術という大きな治療法を行った後に演奏することで、脳が無駄な抑制をせず、音楽が直接心に入ってくるのかも。

 その後演奏を聞くたびに効果があるというのも大きなポイントか。日本で行う場合、集団を対象に演奏した後にCDを配ることでより効果が挙げられるかもしれませんね。

関連
医学処:医療系バンドHeartfull Hospital、デビューシングル「経過良好」発売
医学処:研修医と元患者が病院でコンサートを行う
医学処:好きな音楽を聴くと血管が拡張する作用がある。


広告
posted by さじ at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック