2009年06月03日

我らが日本、長寿世界一をキープする。

日本、長寿世界一を維持 WHOの世界保健統計

 世界保健機関(WHO)は21日、2009年版の「世界保健統計」を発表、07年の平均寿命が世界で1番長いのは日本の83歳で、前年までに続いて首位の座を維持した。

 男女別では、日本の女性の平均寿命が86歳で世界一。男性ではイタリア中部にある内陸国サンマリノの81歳が世界一で、日本はスウェーデンなどとともに、80歳のアイスランドに続き3位の79歳だった。

 世界全体の平均寿命は71歳で、最も平均寿命が短かったのは西アフリカ・シエラレオネの41歳。長寿国としてはスイスやイタリア、オーストラリアなどが82歳とされ、日本に続いた。

 同統計によると、世界全体で05年の妊産婦の死亡率は10万人当たり約400人で、年間約53万6000人が妊娠や出産に絡んで死亡。国連のミレニアム開発目標では、妊産婦の死亡率を15年までに1990年の水準の4分の1まで削減するとしているが、90年からあまり改善が見られなかった。



 女性の、平均寿命が86歳というのも、まードエライ数字ですね。

 誰にでも最高の医療を提供し続けた結果の最高寿命。誇っても良いと思います。今後どうなっていくか、ですね。公共事業費を減らして医療費に回せば、より寿命は延びると思いますけれど、医療費削減の方向で進んでいくならば世界一は維持できないでしょう。

 日本が世界に誇れるもの
 ・イチロー
 ・医療
 ・職人
 ・礼儀

関連
医学処:100歳まで長生きする人に多い10の条件。
医学処:寿命を延ばす遺伝子「Rheb」を京大が発見する。
医学処:問1「人は何歳まで働くことができるのか?」


広告
posted by さじ at 07:52 | Comment(1) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
長生き健康の秘訣は現実の中に夢を持ち続ける事、こんな短絡的な事しか言えない。おバカさん、貴女は馬鹿ですと書いてくれば喜んでしまうね手を叩いて万歳と!サンマリノ共和国は太陽の国に相応しき長き歴史ある独立国です
Posted by みか at 2011年05月25日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。