2009年05月31日

貝類のコハク酸が大腸がんと胃がんの増殖を抑制する。

貝のコハク酸にがん抑制効果

 貝類や清酒のうまみ成分のコハク酸が、大腸がんと胃がんのがん細胞の増殖を抑制することを、広島大大学院生物圏科学研究科の加藤範久教授(57)=分子栄養学=らの研究グループが発見した。日常に近い摂取量で効果が得られることから、新薬のほか、広島名産のカキや清酒を使った新しい機能性食品につながる可能性がある。

 研究グループはまず、ラットにポリフェノールを摂取させると、大腸内のコハク酸の濃度が高まることを見いだした。その作用の応用実験で、大腸内のコハク酸の濃度が20ミリモルになると大腸がん細胞の増殖が約50%減ることがわかった。胃がん細胞でも増殖抑制効果を確認した。

 加藤教授は「がんの増殖抑制に、身近なコハク酸が有効なことが明らかになった意味は大きい。別の疾患への作用もありそうだ」と説明。今後、ヒトへの応用が期待される。研究成果は21日、長崎市である「日本栄養・食糧学会」で発表される。



 よくサプリメントなどでありますけれど、これは日常的な食事摂取量で適切な量を取れるという点が嬉しいですね。

 そういえばシジミ汁が肝臓に良いとか色々いわれてたりしていますが、シジミは大腸がんなどにも有用、ということでしょうかね。


広告
posted by さじ at 23:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コハク酸が大腸癌の増殖を助けているという研究結果が、慶応大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)と国立がんセンター東病院(千葉県柏市)の共同研究からわかりました。

http://www.excite.co.jp/News/society/20090602/20090603M40.124.html

******以下、引用******

曽我教授は「コハク酸の蓄積から、大腸がんの細胞がフマル酸呼吸をしている可能性が高い。今後さらに研究を進め、それを立証する」と話している。

******引用、ここまで******

さて真相はどちらなんでしょうか?
単に摂取量の違いなのかも知れませんけど
Posted by at 2009年06月03日 09:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。