2009年05月25日

家族が喫煙者だと、子供は虫歯や歯茎の黒ずみが酷くなる

「家族の喫煙で子どもは虫歯になりやすい」 岡山大調査
  
 父母など同居する家族に喫煙者がいると幼稚園児や小学生は虫歯になりやすくなったり、歯肉が黒ずんだりする傾向のあることが、岡山大学の下野勉教授(行動小児歯科学)の研究チームの調査でわかった。受動喫煙が影響している可能性があるという。14日から大阪で開催中の日本小児歯科学会で発表した。

 調査は、幼稚園児85人と小学生166人の計251人を対象にした。その結果、幼稚園児の約3割(23人)、小学生の約3割(51人)で歯肉が黒ずんでいた。このうち、約8割の幼稚園児19人、約7割の小学生37人は、父母など家族が喫煙者だった。これに対し、黒ずんでいない場合では、約3割の幼稚園児18人、約5割の小学生54人のみ、家族が喫煙していた。

 また、小学生の歯肉の黒ずみ度を調べたところ、健康な歯肉の児童でも家族の5割弱に喫煙者がいたが、最も黒ずみのひどい児童らのグループでは全家族に喫煙者がいた

 また、虫歯になりやすくなっていることも示唆された。口の中の細菌の特徴から虫歯になる危険度を調べると、最も危険度の高いグループの6割は家族に喫煙者がいたが、低いグループでは4割にとどまっていた。

 チームは、煙からの防御反応で歯肉が黒ずむのではないかとみている。また、たばこの煙によって唾液の量などが減り、虫歯の原因となるミュータンス菌が増えた疑いがあるという。

 調査した岡崎好秀・岡山大講師は「まだ、因果関係ははっきりしないが、子どもに悪影響を与えないためにも禁煙をして欲しい」と話している。



 そもそも子供を育てるということは、子供の前で煙草を吸わないことと同義とすら思います。

 明らかに害があると分かっている煙草を家庭内で吸うのは、もはや自分だけの問題ではありません。子供だって親を選んで生まれてきたわけではないのです。自分だけが癌で死ぬリスクを増やすのなら構いませんが、子供にまでそのリスクを増加させるような真似はしないで下さい。

関連
医学処:女子中高生が煙草を吸う原因は、母親にあった
医学処:大人のせいで歯茎が黒くなる子供
医学処:歯の矯正の初診患者は、半数が小学生。


広告
posted by さじ at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。