2009年05月09日

カエル絶滅の根源、ツボカビはアジアが起源か。

カエルのツボカビ:アジアが起源か 日本で30系統発見

 世界各地でカエルなどの両生類に壊滅的被害を及ぼしているツボカビの起源は、日本を含むアジアの可能性の高いことが、国立環境研究所などの調査で分かった。日本の野生カエルからは約30系統が見つかっているが、被害の大きい中米や豪州では1系統しか見つかっていない。研究チームは「日本などアジアから持ち出されたカエルが、世界中にツボカビをばらまいたと推測できる」としている。

 ツボカビは実験動物として使われるアフリカツメガエルが世界中に移送され、拡散したと考えられている。

 同研究所などは国内のカエル3200匹を分析。遺伝子配列がやや異なる約30系統のツボカビを見つけた。病原性が強く中米パナマや豪州で猛威をふるっているA型も含まれていた。韓国の調査でも日本と同様に多数の系統が見つかった。

 また、日本固有の両生類オオサンショウウオからもツボカビが多数見つかったが、カエルのツボカビとは異なる独自の系統という。一方、パナマと豪州では、A型しか見つからなかった。これまでのところ、日本、韓国、中国ではツボカビによる大量死の報告はないという。

 これらから、研究チームは日本のカエルはツボカビとの付き合いが長く、抵抗性を獲得している可能性があると分析。侵入生物研究チームの五箇公一リーダーは「従来のアフリカツメガエル起源説を見直して、世界中のツボカビの遺伝学的・生態学的調査が必要だ」と話している。



 何度か取り上げているカエルツボカビの話。人間は豚インフルに苦しみ、カエルはツボカビに苦しむ。

 日本のカエルのツボカビ抗体?のようなものから特効薬が出来ないものですかね。

 両生類絶滅の危機を何とかしないと世界中のカエルが一斉にいなくなるかも。

関連
医学処:カエルを絶滅の危機に追いやるカエル・ツボカビ症が日本上陸
医学処:カエルを絶滅から救うプロジェクト「両生類の箱舟」
医学処:カエル・ツボカビ症の原因菌を単独分離することに成功する


広告
posted by さじ at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。