2009年05月06日

世界卓球2009in横浜「世界卓球決勝戦を終えて」

裏面ドライブ、ついに頂点=世界卓球

 王皓がついに王座を射止めた。右のペンホルダー。両面にラバーを張り、バックハンドで裏面を使ってドライブをかける特異なスタイルで知られる。実力がありながらアテネ、北京両五輪シングルスは銀メダル。ビッグタイトルに縁遠かっただけに、「失敗も挫折もした。いつも負けていた中で勝ててうれしい」と、勝利をかみしめた。

 脂の乗った25歳。今大会は、本番より厳しい国内選考会を1位で通過し、世界ランキングも1位で迎えるなど満を持して臨んだ。相手の30歳の王励勤は3連覇が懸かっていたが、王皓が圧倒した。

 「試合に気持ちをどう持って行くかが分かった。思ったことをコーチに話して、いいアドバイスをもらった」という。裏面ドライブを芸術品といわれるまでに磨き、心理面も充実して勝ち取った王座。横浜という土地柄から、詰め掛けた中国人応援団の大歓声に、笑顔で手を振った。

女子は張怡寧が世界選手権2度目のV/卓球

 卓球の世界選手権最終日は5日、横浜アリーナで男女シングルス決勝を行い、女子はアテネ、北京五輪連覇の張怡寧(中国)が前回覇者の郭躍(中国)を4−2で下し、2005年大会以来2度目の優勝を果たした。

 男子は世界ランキング1位で第1シードの王皓(中国)が3大会連続4度目の優勝を狙った王励勤(中国)を4−0で下し初優勝した。

 3大会連続で中国勢が5種目全制覇を果たした。



 ワンハオ、強すぎましたね。ペンなのに裏面ドライブがシェークの選手よりも強力という、まさにペンホルダーの完成系のような選手です。

 あのワンリチン相手に4-0は凄い。圧倒的でした。ワンリチンも良いプレイは出ていたんですけれど、やはり裏面ドライブの回転量についていけていない感じでしたね。

 チャンイーニンは、最初こそ少し硬くなってて、グオユエの攻撃のほうが勝っている感じがしました。しかし3セット目あたりから、ブロックが硬いの何の。グオユエがほとんどスマッシュみたいにしてコースをついてくるような攻撃に対しても、前陣で止める止める。いやぁ強すぎでした。これはまだまだチャンイーニンの天下が続きそうです。



 この一週間ほどは、世界卓球目白押しでした。

 世界卓球で、色々な選手のプレイを見て、新たにファンになった選手もおります。

・ルーマニアの怪人ことフィリモン選手。
・ドイツのアチャンタ選手
・フランスのマテネ選手

 ホント多種多様な戦い方があるんだな、と。卓球の醍醐味はこれだなと改めて思いました。

 当ブログの世界卓球シリーズもこれで終わりにしたいと思います。次から通常どおりの医学ニュースに戻ります。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 医学処は、卓球を応援しております。

関連:世界卓球シリーズ
  • 世界卓球2009in横浜「天才、岸川聖也の魅力に迫る」


  • 世界卓球2009in横浜「張怡寧は陳杞とつき合っているらしい」


  • 世界卓球2009in横浜「石原都知事ババア発言でみる世界卓球」


  • 世界卓球2009in横浜「吉田海偉、ベスト8で敗れる」


  • 世界卓球2009in横浜「『女王』張怡寧と『日本の宝』石川佳純」


  • 世界卓球2009in横浜「男子単準々決勝、メイスVS馬龍」


  • 世界卓球2009in横浜「松平健太VS北京五輪金メダリスト馬琳」


  • 世界卓球2009in横浜「中国と香港の試合には八百長が存在する」


  • 世界卓球2009in横浜「男子単24年ぶりに吉田海偉がベスト8」


  • 世界卓球2009in横浜「不況の波で世界卓球が運営できなくなる」


  • 世界卓球2009in横浜「水谷と闘ったパーソンの、最後の試合」


  • 世界卓球2009in横浜「日本の誇り、吉田海偉の卓球」


  • 世界卓球2009in横浜「会場内でしてはいけないこと、マナー等」


  • 世界卓球2009in横浜「日本選手応援団の応援方法が酷すぎる」


  • 世界卓球2009in横浜「14歳の丹羽孝希がスターになった日」


  • 広告
    posted by さじ at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。