2009年04月11日

マリファナの有効成分が、がんの増殖を抑制する

マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究

 マリフアナの有効成分が、がんの増殖を抑制するというスペインの研究結果が、1日発行の医学誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーションに掲載された。

 マリフアナに含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)という成分をがんを発症しているマウスに投与したところ、腫瘍の成長が抑制され、オートファジーというプロセスの中でがん細胞が破壊されたという。

 研究に携わったマドリードのコンプルテンス大学のギリェルモ・べラスコ氏は「今回の研究で、THCを治療効果のある安全な方法で投与すれば、がん患者にも役立つ可能性があることが示された」と述べた。 

 マリファナの健康への影響を調べた研究はこれまでにも多くあり、心臓発作や脳梗塞、がんのリスクを高めるという研究結果も出ている。一方で、アルツハイマー病の予防に役立つとの報告もあり、多くの医師がエイズ患者の体重増加などに役立つとの認識を持っている。

 研究チームは、脳腫瘍の患者2人にも臨床試験を行っており、THCの投与でオートファジーが確認されたという。 



 どこに薬効が潜んでいるか分からないもんですねぇ。マリファナからも応用が利く成分があるということで、医療大麻としての解禁ももしかしたらあるかも。

 先日出された厚生労働省の見解によると、医療大麻を縛っておく理由はない、という感じでしたが。どうなることか。


広告
posted by さじ at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。