2009年04月09日

脳の免疫細胞「ミクログリア」の働きを解明する。

脳免疫細胞:鍋倉淳一教授、働きを解明、新治療法に活用も

 脳の免疫細胞がほぼ1時間に5分の頻度で異常の有無に対して定期検査の働きをしていることを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)の鍋倉淳一教授(神経生理学)が解明した。1日発行の米神経科学学会誌電子版に発表した。

 最新のレーザー顕微鏡で、マウスの脳の免疫細胞「ミクログリア細胞」(直径0・1ミリ)の働きを撮影した。神経のつなぎ目のシナプスに、50〜80分に一度、4分30秒〜4分50秒にわたって接触し、異常の有無を検査していた。先端を膨らませて接触する様子は、まるで医者が聴診器をあてるようだった。

 脳梗塞や脳虚血などの異常があると、接触はシナプス全体を包んで1〜2時間と長くなり、精密検査の役割を果たしていた。異常時にはシナプスが再編成されたり、除去された。

 鍋倉教授は「免疫細胞を刺激すれば、傷害を受けた脳の修復を早めたり、リハビリに効果的かもしれず、新しい治療法の可能性が出てきた」と話している。



 人体って凄いです。

 簡単に、何億年も前に生物が生まれて、進化を重ねて、今の人間がいるといっても、ホントありえないぐらい細かいメカニズムで動いているもんです。脳の極小の神経細胞を定期的に検診して、異常があったら再編成したり除去したりしてくれる細胞が、当たり前のようにいるんですよ。

 ホント凄い。大興奮。(私だけでしょうか・・・)

 確かにこの細胞を活性化することができれば、脳梗塞などの時に、すぐに再生することもできるかもしれません。期待の膨らむ研究です。


広告
posted by さじ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。