2009年04月09日

自身の皮下脂肪の細胞で血管を再生し、閉塞性動脈疾患を治す

脂肪の細胞で血管再生 信大医学部が共同臨床試験着手へ

 信大医学部(松本市)は国内で初めて、患者の皮下脂肪にある幹細胞を血管再生に使う臨床試験を始める。4月中に厚生労働省の審査委員会に申請し、承認され次第着手する。現在は骨髄細胞を使う手法が主流だが、患者の体にかかる負担が大きいことが課題だった。皮下脂肪ならば比較的容易に採取できる上、治療効果も高いと期待されている。実現すれば、再生医療の普及に弾みがつきそうだ。

 臨床試験は、信大、名古屋大(愛知県)、熊本大(熊本県)、福岡徳洲会病院(福岡県)の4施設で行う。いずれも糖尿病などで手足の末梢血管が詰まる「末梢閉塞性動脈疾患」の重症患者を対象にする。

 患者の皮下脂肪100−300グラムを採取し、共同研究者である米サイトリ・セラピューティクス社が開発した機器で「脂肪組織由来幹細胞(ADSC)」を分離。病気で血液が流れなくなった部分の筋肉数10カ所に注射器で移植する。脂肪採取から移植終了まで数時間で済む。

 信大は2003年以降、骨髄細胞による血管再生を26例行った。骨髄採取には全身麻酔が必要で、患者への負担が大きい。一方、皮下脂肪は局所麻酔だけで簡単に採取できる点がメリットだ。

 さらに、共同研究者の室原豊明・名古屋大医学部教授(循環器内科)は「マウスを使った動物実験の結果によると、ADSCによる血管再生の効果はヒトでもかなり期待できる」とみている。

 臨床試験は、希望する患者を対象に実施。3年間で各施設10人ずつ計40人に行い、安全性や有効性を見極める。効果が確認されればさらに参加施設を増やし、将来は骨髄細胞による血管再生と同様、「高度先進医療」として医療保険適用を目指す。4月中にも、厚労省の「ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会」に申請する予定だ。

 信大は、付属病院の循環器内科、形成外科、心臓血管外科、先端細胞治療センターがチームを組む。池田宇一教授(循環器内科)は「ADSCは骨髄細胞に置き換わり、血管再生にとどまらず、再生医療の中心的な『細胞源』になる可能性がある」としている。



 骨髄を採取して血管を再生するのも凄いと思いますが、脂肪を採取して、血管を再生できるようになれば、まさしく画期的治療法となるでしょう。

 糖尿病などで末梢の血管が閉塞してしまうと、そこの部分に血流がいかなくなるわけですから、足の指などが壊死してしまいます。血管を再生してやることで、壊死を防ぐことができるようになるわけです。

 いずれは国の保険適用となってほしいぐらいの素晴らしい技術。成功を祈ります。

関連
医学処:メタボリックシンドロームは肌にも悪影響を及ぼす。
医学処:おなかの脂肪から幹細胞を取り出して移植する。
医学処:生姜に含まれる6-ジンゲロールが血糖値を改善する。


広告
posted by さじ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。