2009年04月06日

不登校の子供たちに、箱庭療法を行う医師。

不登校の子に寄り添う箱庭療法に取り組む医師 紫英人さん

 福井県鯖江市にある小児科・内科「ともだち診療所」。院長の紫英人さん(38)は、風邪や痛みなど一般診療のほかに、不登校の子どものために「箱庭療法」を手がけている。同時に診療所そばの真宗大谷派円立寺の住職。「ともだち」の名前は「倶会一処」の倶が「とも」と読めることから名付けた。「ありのままの自分を大切にして一緒に生きていこう」との願いを込めた診療所を訪れた。

 JR北陸線鯖江駅からタクシーで十五分。カウンセリング室にはいろいろなおもちゃが置かれ、ほっとする雰囲気があった。

 紫さんは「箱庭療法は、砂遊びを通して子どもの心を開放し、自分で自分を癒やす力を掘り起こしていくのが目的」と話す。何らかの理由で心と体の調子を崩し、学校に行けなくなった小中高生たちが、主に学校の先生の紹介で訪れる。

 原因不明の腹痛を訴えた十二歳の中学生。最初の箱庭作りの時、兵士や戦車の模型を砂箱に雑然と置いた。本人は「戦いをしているんだ」と言う。その生徒が付けた作品名は「紛争」。二回目では人形の配置が二つのグループに整理される。タイトルは「挟み撃ち」。

 三回目になると、自分たちの墓を守る日本軍が、アメリカ軍と戦う―というストーリーが生まれる。少年はぽつりと言った。「英語塾の先生がアメリカ人だけど、その先生の言っている英語がさっぱり分からない」

 このころから学校に行くようになった。腹痛があると保健室で休むなど痛みと上手に付き合うようになった

 四回目は「終戦」。その後、一時、不登校になったが、最後に作った作品は「救出」だった。「学校でのごたごたや塾での葛藤などを自分から語りながら心の混乱に整理をつける。それでもやはりいやなことはあるけれど、自分で自分を救出する、ということを知ったのだろう

 その中学生のように箱庭作りに自発的に取り組むのは、訪れた子どもの三、四割。関心を示さない場合は対応が難しい。紫さんはいきなり家族構成を聞くことはせず、とにかく一緒に遊ぶことを心掛けている。将棋、人生ゲーム…。「子どもと心が通い合うのは何か方法論があるのではなく、たまたまぴたっと合うものが見つかった時にそうなる」

 紫さんは円立寺で生まれ、十二歳で得度。福井大医学部を卒業し心臓血管外科医になったが、激務が続き疲れ果てた。二〇〇〇年、医師をやめるつもりで京都市にある大谷派の教学施設「大谷専修学院」に入学した。

 そこに講師として訪れた小児科医の梶原敬一さんとの出会いが転機になった。梶原医師も僧侶。精神科の領域とみられていた箱庭療法にあえて挑戦する姿に心を揺さぶられた。医師はこうあるべきだという思い込みにしばられていた。やりたい医療は自分でつくればいいんだ―。

 それまでの経験を全部捨てて、一からやり直すつもりで梶原医師が働く病院に勤めた。福井県敦賀市の国立福井病院(現在の国立病院機構福井病院)を経て、昨年十月に郷里の鯖江市で開業。父の順英さん(66)から住職を任され、寺の仕事と診療のやりくりに悩むが、ジレンマを感じることで学べることもある。

 「浄土は、あの世のことと考えられているが、私は生きているこの世こそ浄土にならないといけないと思う。誰もが気安く集まれる公民館のような診療所でありたい」

倶会一処

 多くの人が一つの場所で集うという意味。阿弥陀経は阿弥陀仏の浄土に往生すれば上善人(宗教的善を身に付けた人)と会うことができると説く。

箱庭療法

 砂箱と模型玩具を使って一つのまとまった世界を表現する心理技法。スイスのユング派心理療法家カルフによって開発され、日本では1965年、故河合隼雄さんが紹介した。砂箱は縦57センチ、横72センチ、高さ7センチ(規格サイズ)。治療者は箱庭を作る子どもの横で静かに見守るのが原則。子どものさまざまな表現を受け止めることで自己治癒力を促進していく。



 うーむ、素晴らしい医師です。自身の中で葛藤があったからこそここまで善い医師になれたんでしょう。

 今の社会、子供たちは当然のように学校にいき、大学まで行かされます。(行くのではなく、行かされている場合のほうが多いと思います)

 そんな中で子供たちを個別にサポートする学校や家庭などの環境に不備があったりすると、子供たちもどうしていいのかわからなくなってしまうでしょう。周囲から押し付けることが当たり前の社会ですからね。

 不登校になった子供の心を開いていく、途方もないほど難しいことにあえて挑戦し、会得した医師ほど、子供たちにとって心強い味方はいません。

関連
医学処:不登校の原因となっている起立性調節障害を理解しよう
医学処:ひきこもりの子供をもつ家族の心構え
医学処:イタリアでも「hikikomori」が目立つ。日本と類似と指摘


広告
posted by さじ at 02:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。