2009年04月01日

酒を飲むと顔が赤くなる日本人は食道がんになりやすい。

飲酒で顔赤くなるアジア人、食道がんのリスク高い=研究

 日米の研究チームが23日、多量のアルコールを飲んで顔が赤くなるアジア系の人々は、食道がんにかかるリスクが通常より高いという研究結果を発表した。

 研究は米国立アルコール乱用・依存症研究所と久里浜アルコール症センターが実施し、論文をオープンアクセスの医学雑誌「PLoS Medicine」に掲載した。

 日本人、中国人、韓国人の約3分の1が飲酒時に顔が赤くなる酵素欠乏症だが、この特質が、5年生存率が12─31%と致死的な食道がんの発病リスクを高めているという。

 チームを率いた米国立アルコール乱用・依存症研究所のフィリップ・ブルックス氏は、少なくとも5億4000万人にこの特質があると推定している。



 すぐに赤くなるような人なら、酒を飲まないほうがよさそうです。といっても社会に出ると飲酒の機会は頻繁にありますからねぇ。自分の加減で適量を飲むのが良いでしょう。顔が赤くなる人が、酒に対して弱いにもかかわらず、嘔吐するまで飲むというのは論外です。

 とえらそうに語る私もビール一杯で真っ赤になるタイプなので、機会があった時に少量飲むぐらいには留めています。理想をいえば機会があっても全く飲まないほうが健康には良いんでしょうけれども。

 食道がんは治療が難しいので、予防からいきたいところです。明らかに飲酒がリスクになると分かっているわけですから。

関連
医学処:ビール1杯で赤くなる人は、食道がんのリスクが8倍
医学処:呑むと赤くなる人は、膵臓癌のリスクが高い。
医学処:二日酔いの原因はアセトアルデヒドではないかもしれない。


広告
posted by さじ at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。