2009年03月29日

心臓の動きに同調して手術サポートするロボットを開発する

心臓手術を支援するロボットの開発に成功

 狭心症などの心臓手術を支援するロボットの開発に、早稲田大と岐阜大が成功した。心臓の動きに同調して動き、遠隔操作で血管を正確に縫い合わせることができるという

 狭まった冠動脈のバイパス手術をする時、治療個所が動かないように押さえつけることが多いが、患者に負担がかかる難点があった。支援ロボは、手術針を持つアームが心臓の拍動と同じリズムで動くので、治療個所を固定する必要がなくなる

 ブタの心臓で実験済みで、藤江正克・早大教授は「精度を高めて実用化を目指したい」と話している。



 進歩し続けるものですねぇ。昔の手術に比べて、ヒューマンエラーが起こらないような工夫が施され、術者の腕をサポートするようになってきました。

 未来的には、術者の生理的な震えとかもサポートするような、補助アームみたいなものも出来るのでしょう。より細かいオペが可能となれば、精度の高いオペも安全に確実に行うことが出来るように。すぐそこの未来かもしれません。

関連
医学処:宇宙空間や戦場での手術として、ロボットによる遠隔操作を行う
医学処:手足を動かしやすくなるロボットスーツ、量産体制に。
医学処:血管内を泳ぐ極小電動ロボット「プロテウス」の開発に成功。


広告
posted by さじ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。