2009年03月22日

医療関係者が持つ携帯電話が院内感染の原因となっている

医師らの携帯電話、院内感染の原因の1つ 研究成果

 トルコのオンドクズ・マユス大学の研究チームは6日、医療関係者が持つ携帯電話が院内感染の原因となっている可能性があるという研究成果を発表した。

 病院の手術室や集中治療室で働く医師と看護師200人の利き手と携帯電話を調べたところ、抗生物質が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus、MRSA)を含む細菌が多数の電話で見つかった。

 携帯電話の実に95%で少なくとも1種類の細菌が見つかり、軽い皮膚のかぶれから死に至る病気の感染源になっていると指摘している。約35%の携帯電話で2種類の、11%で3種類以上の細菌が見つかった。

 とりわけ、各国の医療施設で院内感染を起こしているMRSAが8台に1台の携帯電話で見つかったことに研究チームは警鐘を鳴らしている。

 医療関係者のほとんどが手を洗うなどのガイドラインには従っているものの、定期的に携帯電話を消毒しているのはわずかに10%に過ぎなかった



 確かに手はあらっても、携帯電話を介して院内感染の原因菌が広がる可能性はありますね。定期的に消毒する処置、とられているんでしょうか。

関連
医学処:口臭を計測できる携帯電話
医学処:振動していない携帯が、振動しているように感じる人
医学処:政府が、個人の医療情報をデータベース化する


広告
posted by さじ at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。