2009年03月19日

野菜を食べると肝臓がんのリスクは減り、果物を食べると高まる。

肝がん予防、野菜は◎ 果物は△

 野菜を多く食べる人は、少ない人に比べ、肝がんを発症する危険性が4割低くなるが、果物の取り過ぎは逆にリスクを高める可能性が高いことが、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の調査でわかった。

 研究班は40〜69歳の男女約2万人を約12年間、追跡調査。野菜や果物の摂取量の多寡で「多」「中」「少」の3グループに分け、肝がん発症との関連を調べた。

 この期間中、約100人が肝がんになり、うち8割はB型かC型の肝炎ウイルスに感染していたが、野菜摂取量「多」のグループは「少」に比べ、肝がんの発症率が約40%低かった。一方、果物摂取量「多」のグループは「少」に比べ、発症率が45%高まっていた。

 緑黄色野菜に多く含まれるカロテンは肝がん予防作用が確認できたが、果物に多いビタミンCは肝がんの危険性を高める傾向があった。

 ビタミンCには肝炎の原因となる鉄分の吸収を助ける作用もあるため、発症率が高まるらしい



 果物も万能ではないんですねぇ。

 確かに肝臓がんのリスクは上がるかもしれませんけれど果物に含まれる成分の健康に与える影響を考えれば、とっても悪くないと思うんですよね。ビタミンCは必要ですし。取りすぎなければいい、という感じでしょうか。

 それ以上に野菜で補えれば最高、ですね。

関連:移植後の肝がんを防ぐ、NK細胞の培養投与について。


広告
posted by さじ at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。