2009年03月10日

細菌性髄膜炎を予防するHibワクチンの供給が不足状態。

ヒブの予防ワクチンが不足

 子どもの細菌性髄膜炎を引き起こす「インフルエンザ菌b型(Hib=ヒブ)」の予防ワクチンが不足し、販売元の第一三共が先月から病院に対する供給調整を始めた。

 供給は月ごとに診療所で3人分、病院で10人分程度に限定され、希望者が多い地域では接種のめどが立っていない。患者家族や医師らで作る「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」は4日、供給不足を速やかに解消するよう求める要望書を、厚生労働省などに提出した。

 このワクチンは、昨年12月に販売が始まったばかり。同社では年間約100万本を供給する計画を立てていたが、販売開始を前にワクチンの認知度が急激に上がり、予想を大幅に超える接種希望が殺到。ワクチンとしては異例の供給調整を行う事態になったという。同社では、急きょ増産や輸入増を検討している。

 インフルエンザ菌b型は、鼻やのどなどにあるありふれた菌だが、脳の髄膜に感染すると髄膜炎を発症。5歳未満の乳幼児では2000人に1人の割合で発症し、患者の5%が死亡、25%に発達の遅れなどの後遺症が残ると言われている。接種費用は自己負担。



 まぁ販売が始まったばかりですからね。。。

 そりゃ親御さんなら誰しも、Hibワクチンを接種したいと思うでしょう。すぐにこの不均衡状態は改善されると思うので、いましばしお待ちいただきたい、というところでしょうか。

関連
医学処:小児の細菌性髄膜炎のワクチンの導入が延期される
医学処:細菌性髄膜炎予防のHibワクチン、公費負担となるか
医学処:Hibワクチンを接種していなかった乳児5人が死亡する。


広告
posted by さじ at 04:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。