2009年03月03日

体重の減量は総カロリー次第で炭水化物が多くても構わない。

減量はカロリー次第、炭水化物や脂肪はOK…米研究所

 米国立衛生研究所(NIH)の研究チームが、「豊富な食物繊維など心臓に良い食事ならば、体重の減量は摂取カロリー次第で、炭水化物が多くても脂肪が多くても変わらない」という実験結果を、26日付の米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表した。

 研究チームは、30〜70歳の男女の肥満者811人に、4種類の減量法のいずれかを試してもらった。4種類は、脂肪、たんぱく質、炭水化物の3大栄養素の割合を変えたもの。どれも食物繊維が多く、心臓に悪い飽和脂肪酸とコレステロールが少ない。

 摂取カロリーや運動の目標を各自設けて取り組んだ結果、2年間にわたって平均4キロ・グラムの減量効果を持続できた。効果は3要素の割合には関係なく、カロリーの摂取量と消費量の差に左右された。



 炭水化物を食べないダイエットなど注目されていましたが、結局は総カロリー次第だ、と。

 ・・・研究成果としてみてみると当然といえば当然のような気もしてきますね、不思議です。

関連
医学処:噛む回数を増やすことでダイエット効果が生まれる。
医学処:砂糖に依存性があることを実験により証明する
医学処:女性のほうが空腹感を抑える能力が低い。


広告
posted by さじ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。