2009年02月28日

Peutz-Jeghers症候群の12歳、腸重積症で死亡。

「腸重積症」誤診で12歳死亡 両親が佐賀市を提訴

 腸の中に腸が潜り込む「腸重積症」が原因で次男(当時12歳)が亡くなったのは、佐賀市休日夜間こども診療所などが誤診したためとして、同市内の夫婦が市など3者を相手取り、約7600万円の損害賠償を求める訴訟を佐賀地裁に起こした。

 ほかに訴えられたのは、小城市の医療法人「ロコメディカル」と佐賀市の社会福祉法人「佐賀整肢学園」。

 訴状によると、次男は2006年3月25日から翌26日にかけ、腹痛や下痢を訴えて市休日夜間こども診療所など三つの医療機関を受診。嘔吐下痢症と診断されるなどし、27日未明に症状が悪化、同日死亡した。解剖の結果、腸重積症による腸管梗塞と分かった

 次男は腸重積症になりやすいとされるポイツ・イェーガー症候群という遺伝性疾患があり、こども診療所の医師は母親に、この疾患があることを確認していた。口唇の色素沈着斑などから同症候群と疑うことができたとして、「超音波検査で腸重積の発症を確認すべきだった」などと主張している。

 佐賀市健康づくり課は「訴状を読んで今後のことを検討したい」としている。



 おお。。。

 焦点となるのはPeutz-Jeghers症候群を知ってかどうか、というところと、どの程度痛がっていたかどうか、というところでしょうか。

 Peutz-Jeghers症候群は国家試験にも出るぐらいの疾患で、特に「口唇や足底の色素沈着」や「腸重積」がキーワードです。いちおう母親もPeutz-Jeghers症候群があることは伝えているでしょうから、腸重積も鑑別に上がってきます。

 でも12歳で、そこまで痛みを訴えていなかったとすると。うーん。でもエコーはやるかなぁ。本当に嘔吐下痢症もあったかもしれませんし。難しいところです。


広告
posted by さじ at 20:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | 消化
この記事へのコメント
とある医療サイトによると、本当かどうか分かりませんが児は精神遅滞があったようですよ。子供がたくさん来院するであろう夜間休日診療所で、痛みの訴えが少なかったかもしれない下血の言及すらない12歳精神遅滞疑いの児にエコーは、自分ならしていなかったかもしれないです。ウイルス性胃腸炎から腸重積になるのはよくあることだし、いつ腸重積症になったかも分からない状況で「誤診」ってどうなのかな、と個人的には思う次第です。
Posted by 田舎の小児科医3 at 2009年03月03日 03:49
コメントありがとうございます!

精神遅滞があったんですか・・・だとすると難しいでしょうね。正直この症例が当たったら厳しいと思います。訴えられてしまったのが不運、としか・・・。
Posted by さじ at 2009年03月03日 21:13
10月22日の佐賀新聞より

 腸重積症を起こしやすい遺伝性疾患を患っていた次男=佐賀市、当時(12)=が死亡したのは「『佐賀市休日夜間こども診療所』ら3病院の不適切な処置が原因」として、両親が佐賀市と県内の2病院に計約7600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は22日、両親の訴えを棄却した。
 判決理由で野尻純夫裁判長は、「各病院の医師らの診察時に特段の腹部所見はなく、腸重積を疑う症状だったとは言い難い」として、過失はなかったと判断した。
 判決によると、次男は2006年3月25日夜、嘔吐(おうと)と下痢で、佐賀市の「子ども診療所」を受診し帰宅。その後、嘔吐が続いたため翌日、休日担当医の病院とかかりつけの病院を受診したが、27日に容体が急変し、腸重積症で死亡した。
Posted by 180SX at 2010年11月09日 00:38
おお!
誉であります
Posted by さじ at 2010年11月12日 00:19
この症候群が腸重積になりやすいというのは分かりきったことです。この症例にあたったのが不運だなんて言い方、信じられません。
Posted by saku at 2012年08月29日 14:59
うーん、気に障ったら申し訳ないんですけど、精神遅滞を合併してたら、の話ですよ。この症候群で腸重積になりやすいのが常識というのは記事中に書いたわけで。
Posted by さじ at 2012年08月30日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。