2009年02月25日

生物を昔の環境に戻しても、DNAは少ししか逆進化しない。

生物を昔の環境に戻したらDNAは「逆進化」するか?

 ある生物をタイムマシンに乗せて過去に送り届けたら、その生物のDNAは逆方向に進化し、その遺伝情報は先祖返りをするだろうか?その答えが、科学誌「ネイチャー・ジェネティクス(Nature Genetics)」(1月11号)に掲載された。

 実験に使ったハエは、1975年に採集された1つのグループの子孫だ。原生種はその後の数十年間で、さまざまな環境において500回もの世代交代を重ねてきた。

 これまで、さまざまな昆虫を、餌がない、湿度が極めて高いなどの過酷な環境に置く実験が行われているが、こうした経験を経た昆虫は周りの条件に適応するために特定の性質を発達させることがわかっている。

 エンリケ・テオトニオ氏らの研究チームは、多数のミバエを古代の環境で飼育し50回の世代交代ののちに第3染色体のDNAに「逆進化」の痕跡がないかを調査した。

 その答えは「イエス」だった。ただし「ある程度までは」のただし書きがつく。
 
 研究者らによると、ハエがいったん別の環境に順応すると進化の時計の針はそれ以上回らなくなる。「ハエが(研究室で再現された)古代の環境に十分に適応した時点で、逆進化は停止するようだ。この時のハエの遺伝子情報は古代のハエのそれとは一致していないと考えられる」と、テオトニオ氏は説明する。

 「歴史的にみて、進化は遺伝子レベルにおいても偶発的なものだ」と語るテオトニオ氏によれば、この研究は進化は一般に考えられている以上に複雑かつ非直線的であることも示唆しているという。



 不思議ですね。まぁそりゃそうか。一度進化してしまったものは、ある程度環境に順応するように変化はしても、以前のようにはならんのでしょう。

 1万年後、今の人間も何らかの形で変わってるんでしょうかねぇ。頭は大きく、顔は小さくなるといわれていますけれど、果たしてどうなることやら・・・そういえばY染色体も何万年か後にはなくなる運命にあるとか・・・。どうなっていくんでしょうねぇ。

関連:しかしアメリカでは進化論が受け入れられていない。


広告
posted by さじ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。