2009年02月24日

東大の河岡教授がエボラ出血熱のワクチンを開発する。

エボラ出血熱:ワクチン開発…マウス実験で確認 東大

 感染者の過半数が死ぬエボラ出血熱のワクチンを、河岡義裕・東京大医科学研究所教授(ウイルス学)らが開発した。マウス実験で効果を確認した。これまで対処しようのなかった感染症だが、拡大を防ぐ可能性が出てきた。米専門誌ジャーナル・オブ・バイロロジー電子版で発表した。

 研究チームは昨年、ウイルスが自ら増殖するのを担う遺伝子を除去するのに成功した。接種しても重篤化を避けられる可能性が出てきたため、このウイルスをワクチンとして使うことができるのかをマウスで試した。

 ワクチンを接種せずに感染させたマウス10匹は6日後にすべて死んだが、接種したマウス15匹は、健康なマウス3匹と同じように2週間以上生き続けた

 エボラ出血熱は1970年代からアフリカ中央部で発生した。発熱や吐血などの症状が表れ、致死率は65%と高い。日本での感染報告はない。

 ウイルスは他の生物に寄生して生存するが、エボラ出血熱のウイルスは共存している生物も不明だ。研究は遅れ、ワクチンや効果的な治療法はなかった。河岡教授は「医療従事者や研究者がワクチンを必要としている。今後サルで実験し、早期実用化を目指したい」と話す。



 確かに、ウイルスは何かの生物と共存しつづけないと生きられないはずなのに、その共存対象となる生物がいまだに不明、というのは怖いですね。

 しかし東大の河岡教授、見事にエボラ出血熱のワクチン作成に成功、と。素晴らしい功績です。アフリカの感染者への投与が実現すれば多くの人が助かることでしょう。

関連
医学処:エボラウイルスの無害化に東大の河岡教授が成功する
医学処:アフリカで未知のウイルスによる新たな感染症が発生する。


広告
posted by さじ at 21:28 | Comment(3) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
この病気は恐すぎます。
感染場所が目などなら5個ほどで
発症するとか。

ザイール株では致死率89パーセント、
レストン株では人に感染しなかったが
サルが空気感染したとの事。

ワクチンを作った先生はノーベルとか
そういう次元でなく、世界の多くの人の
救世主ですね。
Posted by tt at 2009年03月18日 13:16
治せる病気ですか・・・
Posted by まさる at 2010年03月22日 04:00
物事を空間的と時間的に並んだ共存的対象を切り離せない過程での、変化の流動過程は極短期的問題でなく人類及び地球全体像に時間と言う流動的未来に若しくは個別個所に最善の医療を研究をされ真に立派だと思います
Posted by みか at 2010年10月23日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。