2009年02月19日

健康食品メーカーが医師2名を育て、再入社させる。

タマノイ酢

 創業100余年で「すしのこ」「はちみつ黒酢ダイエット」を販売する老舗食品メーカー、タマノイ酢(堺市)に2010年3月、医師2人が入社する

 同社が2004年に開始した人材育成制度「フューチャー制度」を活用して難関国家資格の取得に初めて成功した元社員たちだ

 2008年3月に国立大学医学部を卒業して医師免許を取得してからは、副業が禁じられている研修医を務めるために公式にはいったん退職。2010年3月に晴れてタマノイ酢に再入社する。2人を医師に育てるために医学部在学中の学費はすべて会社が負担し、給与や賞与も支給していた

 再入社後は専門知識を生かして健康に良い商品などの開発などに携わる予定だ。同社社長室の桜内晶子課長は「手間とお金がかかっても会社の理念や目的を理解する社員から医師を育てることに意味がある。普通の医師は病人を治すための存在だが、病気にならないような商品、サービスを開発できる医師になってほしい」と狙いを話す。

 2人の医師は新潟大学、山形大学の医学部で学んでいた。2009年2月現在も琉球大学医学部に社員が1人在籍している。同社のフューチャー制度にはほかに税理士コースや弁護士コース、調理師コースなどがある。また、スポーツ選手を育てるアスリートコースもあって、競歩選手の社員は2008年に日本選手権で7位入賞を果たした。



 なんか・・・凄いですね。健康食品の開発のために6年間医学部で頑張り、研修もこなしたんですか。

 途中で医学の面白さに惹かれて臨床医への道も考えたりしたんでしょうか。そういう葛藤こそあれどお世話になっている社長に報いるという気持ちもあるのかもしれません。それでも研究に費やしたいと。頑張ってもらいたいと思います。

お酢関連
医学処:健康食品と医薬品の関連をまとめた健康食品ポケットマニュアル
医学処:胃癌検診に酢を用いることで癌の部位を浮かび上がらせる技術
医学処:糖尿病の人にとって、酢が重要な要因となってくるかも。


広告
posted by さじ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。