2009年02月15日

長寿に関連する遺伝子を日本人だけでなく白人でも発見する。

長寿に関連の遺伝子、日本人だけでなく欧州系の人びとでも確認 独キール大

 日本人に見られる長寿に関連する遺伝子は、欧州の人びとにも見られるとの研究結果が、米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)の電子版で3日、発表された。この研究結果から、世界中のこうした遺伝子をもつ人びとは長生きできるということを示唆しているという。

 独キール大学(University of Kiel)のAlmut Nebel教授らによって行われたこの研究によると、100歳以上のドイツ人388人と若者731人の遺伝子を比較した結果、高齢者のグループではFOXO3Aという遺伝子の変異体が高い割合で確認できたという

 この結果は、2008年9月に行われた米国での研究結果を裏付けるものだという。米国での研究では、95歳以上の日本人3741人の遺伝子を分析した結果、キール大の研究と同様の結果が出ていた。



 世界中がうらやむ、日本の長寿の秘訣。日本人の場合は遺伝子的にも長寿の条件をかねそろえていながら、食も住んでいる環境も世界有数の素晴らしさというのがあるんでしょうねぇ。伝統的な和食のありがたみってやつです。

関連
医学処:日本人の平均寿命が過去最高を記録。男79歳、女86歳。
医学処:100歳まで長生きする人に多い10の条件。
医学処:寿命を延ばす遺伝子「Rheb」を京大が発見する。


広告
posted by さじ at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。