2009年02月07日

鳥取大学医学部付属病院の救急専門医が全員退職する。

救急科専門医、全員退職へ 鳥大病院救急センター

 鳥取大学医学部付属病院(鳥取県米子市西町、豊島良太院長)は四日、救命救急センターの八木啓一センター長(54)ら救急科専門医四人全員が三月末で退職すると発表した。八木センター長は人員体制や設備の不備などを挙げて「救急に夢が持てなくなった」と理由を説明。同病院は四月以降のセンターの運営に支障が出ないよう後任の医師の確保を急いでいる。

 退職するのは、センター開設時からセンター長を務める八木教授と准教授ら四人。センターは現在、他診療科の常勤医師三人の応援を得て運営している。

 八木教授は退職理由について「魅力ある救急ができていない現状では、若い医師を引き止められない。夢が持てなくなった」と語り、「スタッフと設備の充実度は二、三十点。理想を言えば二十人くらいほしい」と指摘した。

 さらに「救急医を時間外の番人としか思っていない人がたくさんいる。プライドを踏みにじられるような状況が続いてきた」と悔しさをにじませた。

 後任教授は通常は立候補形式で選ばれるが、緊急事態に配慮し、病院側が指定した候補者を学内の選考委員会で審査して選ぶ。ほかのスタッフは公募するという。豊島院長は「既に二人の目星はついており、確保できる見通しはある」としている。また、三、四年以内にセンターを拡大する計画も明らかにした。

 センターは二〇〇四年十月、心肺停止など重篤患者を受け入れる三次救急医療機関として、県と県西部の市町村の支援を受けて設置。年間約九百人の患者を受け入れている。



 うーむ、気持ちは分かるが無責任な気も?いやでも行動にうつさなければ何も変わらないわけですからね。おそらく救急医は今まで病院側に改善を要求してきたのでしょう。しかし実際聞き入れられず、思わずカッとなって行動してしまったのか。

 鳥取の人たちはどうするんでしょうね。三次救急が出来なくなるというか、大学病院の救急専門医が全員退職というのは大学側としても致命的。

 逆に大きすぎる病院だと、救急がやりづらいというのはありますけどね。たとえ救急車で来ても、その疾患に準じた当直医がいるわけですから、確かに時間外の番人のようになってしまっているケースも多いのではないかと思います。市中病院などですと全部やってしまうので救急医としてのやりがいを感じるのかもしれません。

 あとはスタッフか。そこまで救急に割けられないというのもあるのかもしれませんが…。大学病院は「万が一」に備えて万全の体制をとっているからこそ、最後の砦としての存在価値があると思うのですが・・・。

 苦しい状況でもあえて現在の職を全うし救命をやっている先生方は、尊敬できると思います。さじは大学病院の救命医を応援しております。


広告
posted by さじ at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。