2009年01月28日

相手への信頼感や絆を強めるホルモン「オキシトシン」について

見つめ合いでホルモン上昇 人と犬、きずな強める

 愛犬に見つめられると、相手への信頼感やきずなを強める働きのあるホルモン「オキシトシン」が飼い主の体内で増加することを、麻布大と自治医大の研究グループが24日までに確認した。

 オキシトシンは、哺乳類の母子関係や夫婦のきずな形成に関係しているとされるが、異種間での作用が確かめられたのは初めて。「見つめる」という行為がオキシトシン増加を招くことについて永沢美保・麻布大助教(比較認知科学)は「『目は口ほどに物を言う』と言われるが、人間と犬の間でも視線が重要なのだろう」と話している。

 研究グループは、55組の飼い犬と飼い主で実験。室内で1組ずつ、30分間触れ合ってもらい、実験前後の飼い主の尿に含まれるオキシトシンの濃度を測定した。

 すると、事前アンケートで犬との関係が「良好」と判断された飼い主13人では実験後に濃度が大きく上昇したが、「普通」の42人では変化が無かった。良好群の実験後の濃度は、普通群の約1・5倍と高かった。

 良好群の実験を撮影した映像を分析すると、犬が「遊ぼうよ」と飼い主を見つめたのをきっかけに交流した回数が多いほど、実験後の濃度が高くなっていた。

 一方、犬に顔を見せないよう飼い主が壁を向いたまま触れ合う実験では、55組すべてで濃度変化は表れなかった。



 へぇー。かわいいものをみてキュゥーンとする感覚の時に分泌されているんでしょうか。

 リラックマのぬいぐるみを見つめてかわいいーと撫で回すのとはやっぱり違うんですかね。反応のある動物だからこそのオキシトシン分泌なんでしょうか。

 いやもしかしたらぬいぐるみを可愛いーと思ってぎゅっとするのもオキシトシン分泌による反応なのかもしれませんけれど。

関連
医学処:夫の手を握ると、即座にストレスは解消される。
医学処:ラブホルモン「オキシトシン」が夫婦の危機を救う
医学処:CD38がオキシトシンの分泌を促すことで母親の愛情行動が現れる


広告
posted by さじ at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。