2009年01月25日

一般市民がAEDで救命させた人の一ヶ月生存率は42.5%

AED:1カ月後の生存率42.5%

 心肺停止状態となった際に一般市民からAED(自動体外式除細動器)で救命措置を受けた人の1カ月後の生存率が07年、42.5%に上ったことが22日、総務省消防庁の調査で分かった。06年は33%だった。AEDによる救命措置が実施されなかった場合と比べ生存率は4倍超で、市民からAED措置を受けた人の数も06年の144人から07年は287人とほぼ倍増した。総務省消防庁は「一般市民の迅速な救命手当てが非常に重要だと明らかになった」と分析する。

 AEDは心臓が止まった人に電気ショックを与えて蘇生させる機器。04年に市民の使用が認められ、駅や空港など公共施設中心に07年末現在、全国で約13万台設置されている。

 調査結果によると、07年に市民の目の前で心肺停止状態となりAEDの措置を受けた287人のうち、1カ月後も生存していたのは122人(42.5%)で、うち102人(35.5%)は日常生活をほぼ支障なく送れるまで回復した。一方、AED措置を受けなかった人の1カ月後生存率は9.7%だった。



 すごい救命率。まさかこんなにとは。

 全国的にAEDが配備されるようになり、どこでも見られることが出来るようになりました。大きな施設にいくと大抵、AEDがどこにあるかを記してありますからね。

 その費用も全く無駄ではなく、AEDによって助けられた人は2007年だけで122人。そのうち102人もの人が日常生活に復帰できたというのですから。

関連
医学処:一般人がAEDを使う際にためらいが生じる可能性も
医学処:全国の学校の25%に、AEDを設置。


広告
posted by さじ at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。