2009年01月22日

コーヒーを飲む中高年はアルツハイマー病発症が極めて低い

適量のコーヒーでアルツハイマー病の発症リスクが低下、研究結果

 コーヒーを適度に飲む中高年はアルツハイマー病の発症リスクが極めて低いことが、15日発表されたフィンランドとスウェーデンの合同チームの研究で明らかとなった。

 研究を率いたフィンランド・クオピオ大学(University of Kuopio)およびスウェーデン・カロリンスカ研究所(Karolinska Institute)教授のMiia Kivipelto氏によると、コーヒーを1日3−5杯飲む中高年は、高齢になった時に認知症やアルツハイマー病を発症するリスクが60−65%低いという

 研究チームは、フィンランドで20年以上にわたり1409人を対象に、聞き取り調査を繰り返し実施した。まず50代の被験者にコーヒーを飲む習慣について質問し、その後1998年に65−79歳になった被験者の記憶機能を調べた。その結果、98年までに被験者のうち61人が認知症を、48人がアルツハイマー病を発症していた。

 同教授は、コーヒーにはアルツハイマー病に有効とされる抗酸化剤が多量に含まれていると指摘している。ただし、認知症の発症を遅らせたり回避するのに効果がある正確なコーヒーの摂取量は、不明だという。

 一方、前日発表された、コーヒーを多量に摂取すると幻覚症状を起こしやすいとする研究結果について、同教授は「過剰に摂取するべきでないということだろう」と述べた。



 3年前に日本でも同様のことが言われていましたね。その記事は以下。

 医学処:パーキンソン病予防に、カフェインが効く

 コーヒーは癌などの疾患にも効く可能性があるので、飲みすぎない程度に飲むと効果あり、なのでしょう。

 ちなみに記事中にもあります、コーヒーを飲むと幻覚が起きる、というニュースは以下。

 コーヒーを1日7杯以上飲む人は、カフェインをあまり摂取しない人よりも幻覚症状を起こしやすいとの研究結果が14日、専門誌「Personality and Individual Differences」に発表された。

 この研究は、英ダラム大学(Durham University)の心理学科が行ったもので、カフェインの摂取量が多い人は、1日にコーヒーを1杯しか飲まない人と比べ、その場に存在しない人の声を聞く可能性が3倍高くなるという

 ただし研究では、幻聴や幻覚症状の傾向はカフェインが原因でなく、単にコーヒーを多く飲む人びとに見られるというだけの可能性もあると注釈を加えている

 論文の共同執筆者であるチャールズ・ファニーハフ(Charles Fernyhough)博士は、今回の研究では、カフェイン摂取と幻覚症状の安易な関連性は確認されなかったと強調し、3%の人は日常的に頭の中の声を聞いていると指摘。 また、「幻覚症状が起きる傾向のより強い学生らが、その症状に対処するためにカフェインを利用しているとも理解できる」とも述べた。


参考:afpbb

医学処:パーキンソン病予防に、カフェインが効く
医学処:記憶を司る海馬の神経細胞はカフェインで増強される。
医学処:カフェインは、ずきずきする痛みを和らげる効果がある。


広告
posted by さじ at 00:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コーヒー健康に良いんですかね?


飲んでみます。


毎日よくこんなに医学情報集められますね!みてます。
Posted by ヒーリング at 2009年01月22日 22:58
ヒーリングさんこんにちは。
ありがとうございます。
できるだけ続けていきたいと思いますので今後とも宜しくお願いします。
Posted by さじ at 2009年02月07日 04:56
クロロゲンは珈琲のカフェインの成分より何倍も高く含量これに及ぶ反応により抗酸化ラジカルを抑制する。体内にて化学反応に展開する私達はなんらかの臭覚を刺激として賦活させている日常を振り返ると?今日までコーヒーに対する異論や学識及び薬理が問わて来ました。まだこれからは、人間の精神的活動の領域と自然を土台として展開する所の、人類が愛した資材の展開に並んだ物理的刺激活動の領域から成り立たせ更に、なんらかの生産物が出来る所までの立証も近いと想定します
Posted by みか at 2010年11月02日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。