2009年01月21日

高齢者は若い人よりも嫌な記憶を消すのが上手い。

お年寄りの脳、過去はバラ色? 米大が記憶消す働き分析

 お年寄りは若い人に比べ、嫌な記憶を消すのが上手らしいことが、米デューク大の研究でわかった。お年寄りはつらい記憶を処理するとき、若い人とは別の脳の部分を使っていて、過去がバラ色に見えやすいらしい。米専門誌サイコロジカル・サイエンス電子版に発表した。

 研究チームは、平均年齢70歳と24歳の15人ずつの協力者グループに、30枚の写真を見てもらった。写真には、普通の図柄に加え、ヘビがかみつこうとしているところや暴力シーンなど、見るのが嫌な図柄も含まれていた。

 その後、写真の図柄を覚えているかどうかを尋ねるテストを実施。普通の図柄ではお年寄りと若い人で成績に差はなかったが、嫌な図柄の写真では、若い人は52%が覚えていたのに対し、お年寄りが覚えていたのは44%だった

 また協力者が写真を見ている間、機能的磁気共鳴断層撮影(fMRI)で脳を観察したところ、お年寄りは若い人に比べ、記憶に関連し、感情をつかさどる部分より高度な思考をつかさどる部分が活発に働いていた。

 人間は年齢によって脳の使い方の戦略を変えているらしい。チームのロベルト・キャベザ教授は「若い人は、いい記憶もつらい記憶も正確に記憶する必要がある。年配の人はつらいことの多い世界に生きているので、つらい記憶の衝撃を減らし、記憶するようになったのだろう」とみている。



 ただ記憶力が低下している、というわけではなさそうですね。

 若い人なんか、特に「つらい記憶をすぐに消せたらいいのに」と思うものでしょう。でも大丈夫、時間が解決してくれます。解決するまでは他の人としゃべるとか、何か夢中になれることをして、目を向けないようにすればいいんです。そうやって人は大人になる(妥協するすべを覚える)のだと思います。

医学処:適度な運動を行うことで高齢者の記憶力を向上できる。
医学処:ワサビを1日に12.5g食べると脳細胞の再生促進に。
医学処:テトリスをプレイするとPTSDの治療として効果がある。


広告
posted by さじ at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。