2009年01月19日

79例目の脳死臓器移植、国内初の心肺同時移植へ。

初の心肺同時移植へ=80例目の脳死判定−兵庫

 兵庫県災害医療センターに頭部外傷で入院中の30代男性が臓器移植法に基づく脳死と判定され、日本臓器移植ネットワーク(東京都港区)は17日、移植に向けた準備に入った。

 脳死判定は80例目、移植は79例目。心臓と両方の肺は大阪大医学部付属病院の患者に移植される見通しで、国内では初の心肺同時移植となる

 男性は2008年4月、健康保険証の意思表示欄に脳死下で臓器を提供する意思を記していた

 心臓と両肺の移植が予定されているのは、肺高血圧症を伴う先天性心疾患の男性患者。肺移植の待機順位1位で、かつ同時移植の待機者だった。 



 国内初。成功なるか。技術的には大丈夫だと思いますけれども、是非とも成功してほしいです。

医学処:75例目の脳死判定。心肺肝腎膵を移植へ。
医学処:76例目の脳死臓器移植。10代女児から60代男性に提供。
医学処:栃木県で初の脳死臓器移植、獨協医大で行われる。


広告
posted by さじ at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。