2009年01月06日

社会参加していない精神障害者は50万人に上る

精神障害者:社会不参加、50万人

 精神科に通院する以外に社会参加をしていない65歳未満の精神障害者が推定で50万人程度いることが、社団法人・日本精神神経科診療所協会の研究班による調査で分かった。

 研究班長の平川博之・日本精神神経科診療所協会副会長は「通院先に精神保健福祉士などの専門職を配置し、精神障害者に対する相談機能を強化することで、社会参加へ向けた支援を進めるべきだ」と話している。

 同研究班は、全国の精神科診療所400カ所を抽出して調査票を送った。うち109カ所が、昨年12月中旬の任意の一日に受診した障害者計3768人について回答。

 その結果、594人(15・8%)が半年以上にわたって「就学・就労」「共同作業所などへの通所」「主な家事の担当」−−のいずれもしておらず、通院以外に社会参加していなかった。期間が半年未満または不明だった人も加えると779人(20・7%)に上った。この割合を全国の精神科通院患者270万人(厚生労働省の05年調査)と比較すると、推計で42・7万〜55・9万人が社会参加していないことになるという。



 どう読むか。

 社会生活が出来ないような状態なのか、それとも社会へ入っていくまでのプロセスが構築されていないのか。

 おそらく日本では、後者なんでしょうかね。精神疾患に関する理解が進んでいるとはいえませんし、なんかいまだに平気で差別されているような気がします。

 しかし社会への適応というのは、なかなか難しいものですからねぇ。。これ解決できたらノーベル賞ものですよ。何かいいアイディアはないものか。

医学処:精神障害を持つ人が300万人を超す。
医学処:精神障害者向けサロン、運営メンバー募集中
医学処:統合失調症ってどんな病気?原因・症状・治療について。


広告
posted by さじ at 00:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
正直言って、デイケアも作業所も、障害者だからと言ってバカにしているのか活動のレベルが低すぎて行く気がおきません。(少しずつ良い施設ができ始めてはいるようですが。)かと言って理解のある職場があるわけでもないし。どこにも行きたいところがない、こういう精神障害者もいるということを知っておいてもらいたいです。
Posted by 精神障害者A at 2012年08月06日 23:29
まぁ色々増えているようですからねぇ。確かに作業として単純極まりない作業所が多いのは事実ですけれども、それでも「通い続けること」こそが社会復帰への1歩だと思います。状態が落ち着いているのなら、そこにある程度通ってみて、確実に続けられることを強みにしたほうが良いのではないでしょうか。結局いかずに何もしていないと、何の進展もないです。
Posted by さじ at 2012年08月12日 03:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。