2008年12月31日

強い不安や緊張からくる症状を森田療法で改善しよう

脳と腸の密接な関係

 強い不安や緊張を長く感じると腹痛や下痢を起こしたり、腸にガスがたまり不快感に見舞われたりする。これは脳と腸が密接な関係(脳腸相関)にあるからだ。

 腸の運動を支配する自律神経を調整しているのが、脳の視床下部。緊張や不安に襲われると、個人差もあるが、この視床下部の情報伝達に乱れがでる。その結果、腸の活動に異変が生じるというわけだ

 特にストレスに過敏な人は、こうした過敏性腸症候群になりやすい。症状が気になると、それがストレスとなり、症状を悪化させる。悪循環だ。

 こうした患者の治療経験が豊富な東急病院(東京・大田区)心療内科の伊藤克人医長は、会議中におなかが「ゴロゴロ」と鳴ってしまったことをきっかけに、おなかの張りに敏感になった25歳の会社員女性の症例を紹介する。女性は、友人とお茶を飲んでいるときでも、おなかの張りを感じると、すぐにトイレに駆け込んで、おならを出し切らないと気が済まなくなった

 伊藤医長は、おなかの張りは心身症であると判断し、心理療法の一つである「森田療法」を実践指導した。不安や症状をあるがままに受け入れて、今やるべきことに集中する治療法で、神経症の治療などとして広がる。

 この女性は数か月後、おなかのゴロゴロは感じるものの、仕事や友人との会話など別の対象に注意を向けられるようになり、症状に対する苦痛や悩みが小さくなった

 伊藤医長は「重症例には抗不安薬などの薬物も処方するが、症状が完全になくなることはない。おなかの張り、おならとうまく付き合い、自分らしい生活を送るという視点が重要」と話している。



 西洋医学的な、抗不安薬の処方によって症状が軽減されることはあれど、なくなることはありません。所詮薬ですからね。そうではなく、もっと根本から、すなわち不安をどのように受け止めるか、という点から治療を行おうとするのが、記事中にもある「森田療法」です。

 日本人が開発して世界中で行われている治療法ですが、森田療法はきちんとやろうとすると非常に時間がかかる。入院が基本ですからね。まあそれでも治したいという人はおられるでしょうし、実際に数多くの人が「あるがまま」に生きることが出来ているわけですから。欧州では外来が中心のネオモリタセラピーが普及しているとか。

 人格障害がほとんど治らないように、人間の根元にある部分を修正するというのは並大抵のことではありません。私自身数多くの欠点はありますが、それを自分でどうこうすることは、出来ない。それを治療という形で少しずつ修正することのできる森田療法、今のストレスの多い社会にこそ必要とされているのかもしれません。

 お勧めのブログをご紹介。

 「神経質礼賛」。精神科医であり、森田療法に関して非常に詳しい四分休符さんのブログです。精神科領域だけでなく、芸術面においても膨大な知識と知的好奇心を有する四分休符さんは、自身を「神経質である」と認められています。ここでいう神経質のニュアンスは、一般の方のもつ神経質とは若干異なるんですよね。詳しくはこちらを

 神経質という気質をもつ方は、病気ではないにしろ、不安や緊張で生きづらい、と感じている人が多いと思います。そういう方はぜひ、神経質礼賛のバックナンバーをいくつがご覧になってみて下さい。心が軽くなるような、名記事揃いです。

医学処:ニートは発達障害という疾患である可能性が高い
医学処:書痙になりやすい人の脳は、運動や感覚を司る部位の組織が少ない
広告
posted by さじ at 17:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
私はこの療法の名前を出さないで森田療法に基づき友人三人の病を相当に軽くさせて逆に彼女達に救って頂き今日の私が有ります欧米との文化的背景の違いが逆に!この療法の根本を単純明快な明確さを産みだします
Posted by みか at 2010年06月08日 12:09
統合失調症の家族を持つ香菜子と申します。日々の介護ストレスで、自分が精神疾患や統合失調症、人格障害になることへの予防として、森田療法を自己流で実践しています。精神病予防としても森田療法は効果があるのでしょうか?自己流では限界があるので、機会があれば専門家の先生から森田療法を学びたいと思っています。香菜子
Posted by 香菜子 at 2016年05月06日 22:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111967608

この記事へのトラックバック