2008年12月18日

ビタミンCやビタミンEのサプリを飲んでも癌予防にはならない

ビタミンCやE、ガン予防に効果みられず 米研究

 ビタミン類のサプリメントを服用すれば、ガン予防にある程度の効果があるとされてきたこれまでの研究に異議を唱える研究結果が発表された。米医師会の医学誌「Journal of the American Medical Association、JAMA」(1月7日号)で発表された2つの研究によると、ビタミンCとビタミンEには、ガンのリスクを低下させる効果がみられなかったことが明らかになった。

 研究によると、50歳以上の約1万5000人を対象に8年間にわたる調査を行った結果、ビタミンC、ビタミンEのどちらもガンのリスク低下にはそれほど効果はなかったことが明らかになったという。これまでの研究では、ビタミンCやビタミンEと、前立腺ガンなどのある特定のガンのリスクを低下させる効果との関連性が指摘されていた。

 また、50代以上の約3万5533人を対象に7年間にわたって行われた、セレンとビタミンEの摂取による前立腺がんの予防効果を調べる「Selenium and Vitamin E Cancer Prevention Trial(SELECT)」でも同様に、ビタミンEを摂取してもガンリスクの低下はみられなかったという。

 米成人の半数以上は、ガン予防を期待してビタミン類のサプリメントを服用しているといわれるが、そうした人びとにとっては、残念な結果となったといえるかもしれない。



 これはサプリなどで摂取しても意味がないということですよね。まぁ癌のリスクなんてのは他に色々あるわけで、ビタミン程度じゃたかが知れているということでしょうかね。

 日本で、癌の予防のためにサプリ飲んでいる人がいるのか、という点もありますけど。

関連
医学処:1日3杯紅茶を飲むと、がん予防に虫歯予防に骨強化ができる
医学処:ビタミンB6の摂取が多い男性と、コーヒーを飲む女性は、大腸がんが少ない
医学処:ビタミンCを直接体内に投与することでがん細胞に効く。


広告
posted by さじ at 01:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
アメリカ人は、2001.9.11同時多発テロ以降、アフガン戦争、イラク戦争、サブプライムローンによる世界金融危機etc.で極度のストレスにさらされており、とても客観的データとは思えない。
Posted by at 2010年01月08日 06:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。