2008年12月13日

世界最高齢、70歳が体外受精で出産する。

70歳、体外受精で出産 インド地元紙「世界最高齢」

 インドで11月下旬、70歳の女性が体外受精で妊娠し、女児を出産した。地元紙タイムズ・オブ・インディアなどが8日付で伝えたもので、同紙は「世界最高齢での出産」と報じている。

 出産したのは、インド北部ハリヤナ州に住むラジョ・デビさん(70)。デビさんは結婚後50年以上、子どもができず、今年4月に不妊治療で受精卵を移植したという。卵子の提供者などは明らかにされていない。

 治療にあたった医師のアヌラグ・ビシュノイ氏によると、体への負担を考え、双子を妊娠しないような方法で治療を施したという。母子ともに健康で、デビさんは同紙の取材に「長く子どもができなかったのでうれしい」。父親のバラ・ラムさん(72)は「親類が大勢いるので子育てには問題ない」と話した。

 ビシュノイ医師は別の地元紙の取材に「インドの人口の15%が不妊の問題に直面している。しかし、もはや社会的なタブーではなく、科学的に治療できる」と語った。



 でも70歳でしょう・・・?素直に喜べませんね。まあインドの家庭状況は分かりませんけれども。親戚に育てられるという話は美談もあれ悪い話もあるので。

 日本だったら、というか、自分だったら、どうなんですかね、自分が10歳になった時に両親が80歳っていうのは。難しいもんですね。子供のことを考えたらちょっとどうかなぁ、と。子供がほしい気持ちは分かりますが・・・早いうちに養子なりなんなりといった手はあったのではないか、と。

関連
医学処:不妊治療促進に向けて民主党が策を練る
医学処:キヤノンが、社員の不妊治療費を100万円分補助する。
医学処:誘発剤を用いた不妊治療に明確な効果がみられなかった


広告
posted by さじ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。