2008年12月13日

「男の生きがい」をもっていれば、脳卒中の死亡率は減少する

「男の生きがい」ストレスに勝つ? 脳卒中の死亡率減

 生きがいを感じて暮らしている男性は、精神的ストレスがあっても脳卒中で亡くなるリスクが大幅に低い――。秋田大が県民を対象にした調査でこんな傾向が出た。ストレスは脳卒中などで亡くなるリスクを高めるといわれるが、「生きがい効果」はそのリスクを上回るのかも知れない。

 文部科学省がかかわる研究班調査の一環。88年に秋田県大森町(現横手市)の40〜74歳の住民を対象に健康状態をチェック。同時に「生きがいをもって生活しているか」「ストレスが多いと思うか」などと質問し、約1600人を03年まで追跡した。男女249人が亡くなった。

 生きがいが「非常にある」「ある」と答えた男性355人では58人が死亡。うち4人が脳卒中だった。これに対し「普通」「はっきり言えない」と答えた男性477人では114人が死亡。19人が脳卒中だった。

 小泉恵医師(循環器内科)らが、年齢や血圧、喫煙歴などの影響を除いて解析したところ、生きがいがある男性の死亡リスクはそれ以外の男性より38%低かった。脳卒中で亡くなるリスクは72%も低かった。心臓病やがんによる死亡では差がなかった。

 生きがいの有無とは別に、ストレスが多いと答えた人が2割ほどいたが、ストレスの影響を考慮しても、死亡リスクを減らす効果があった。

 生きがいの有無がなぜ死亡率の差に影響するのか、理由はわかっていない。女性では差がはっきりしなかった。

 研究の中心だった本橋豊教授(公衆衛生学)は、自殺率が全国でも高い秋田県で予防事業に携わっている。「『生きがい』を通して自殺を防ごうという取り組みは、結果的に住民の健康水準全体を高めることにつながるかも知れない。都市部でも同じような傾向が出るか確かめたい」という。



 生きがいのある男性って、年をとっても生き生きとしてますもんね。特に眼が印象的です。

 でも生きがいをもって人生を送る人ってなかなか少ないと思います。大人になるということは、妥協することでもありますしね。難しいものですよ、現実は。

 ただ、何か自分が夢中になれるものを1つでも持つというのは、幼い頃からの人間の宿命です。見つけられるか、られないかで、10代、20代の過ごし方、中高年と呼ばれてからの生きていく楽しさが変わることですから。

関連
医学処:生きがいがないと、病死する確率が高くなる。
医学処:百歳の小児科医、吉井三郎院長のモチベーション
医学処:病を乗り越え、生きている。


広告
posted by さじ at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。