2008年12月12日

犬も不公平な扱いに反応して嫉妬する。

イヌのジェラシーを検証

 イヌも嫉妬する。この衆知の事実が、霊長類以外にも嫉妬という感情があるのか見極めようという初めての科学的な研究で再確認された。

「イヌ同士や人に嫉妬するイヌの様子は、飼い主ならだれでも思い当たるだろう」と、オーストリアのウィーン大学に在籍し論文をまとめたフリーデリケ・ランジ氏は言う。

 ランジ氏の研究チームが43匹のイヌを使って実験を行ったところ、イヌたちが不公平な扱いに反応していることが明らかになったのである

 最初に、あるイヌが芸をして褒美を受け取るところを別のイヌに見せた。その後、見ていた方のイヌに同じ芸をさせて褒美を与えずにおくと、そのイヌは芸をすることを拒否するようになったという

 この実験はある最近の研究を手本としている。その研究では、オマキザルやチンパンジーに同じ仕事をペアでやらせた後に不平等な報酬を与えたところ、そのサルたちが憤りを感じていることが観察されたのだ。

 ランジ氏の研究チームによれば、イヌの不公平に対する感受性は霊長類ほど強くはないという。研究に参加したイヌたちは、隣のイヌの方が褒美が多かったり、あるいは褒美をもらうための芸に手抜きがあったりしても気にする様子はなかったという。しかし霊長類はそうはいかなかった。

 この研究の詳細は、12月8日発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版に掲載されている。

 ランジ氏の研究では、イヌたちは以前から顔を見知っているパートナー犬の目の前でテストされている。つまり、遊び仲間や、同じ家庭で飼われているイヌの前で実験は行われたのである。イヌは実験者にお手を指示され、そのあと、黒パンやソーセージを褒美として与えられたり、与えられなかったりした。

 「両方とも褒美を得られなかった場合、イヌたちは程度の差こそあれ芸をし続けていた」とランジ氏は説明する。「しかし一方だけがエサを得られなかった場合、もらえなかった方のイヌは"拒否"を表明したのだ」。

 憤りを感じてそれ以上の実験参加を拒否したイヌには、ツメで地面を引っ掻いたり、あくびをしたり、口をなめ回したり、あるいはパートナー犬や実験者から目を逸らしたりといった行動が見られている。

 自分はパンだけなのにパートナーがソーセージを与えられたり、あるいはパートナーが芸をせずに褒美を与えられたりしても、イヌたちに気にする様子はなかった。

 「努力と報酬の関係性となると話はもっと複雑になり、おそらくイヌたちにそこまで踏み込んで考える能力はない」とランジ氏は言う。

 イヌの基本的な形の嫉妬と、ある程度の平等に対する固執はおそらく、協調的な活動の中で生き抜くために不可欠なことなのだろう。オオカミなど野生のイヌ科動物は集団で狩りをしたり、子を育てたりすることが知られている。その中では、報酬を強く要求していかなければ周りからうまく利用される存在になってしまうからだろう。

 アメリカ、ジョージア州アトランタにあるエモリー大学の霊長類学フランス・ドゥヴァール氏は、この種の嫉妬(実際には、不平等な報酬に対する嫌悪)は協力し合って生きているあらゆる動物に見られるものだと考えている

 「イヌたちの反応は、パートナーがいないときよりも、褒美を受け取ったパートナーの目の前で自分は何も与えられなかったときに強くなった。ほかのどのイヌも受け取らなければ、褒美がなくても問題はなかった。つまりこれは社会的反応だということである」と彼は強調する。



 なるほど。犬はペットというイメージが強くなりつつありますが、本来は集団で行動する生物ですからね。確かに報酬の概念は霊長類と一緒なのかも。

 とすると猫にはあまり嫉妬という感情はない・・・?いやありまくりか。笑

  /l、
 (゚、 。 7   
  l、~ ヽ      
  じし' )ノ 

 人間の社会でも、いざこざって結局のところこれに起因すると思うんですよねぇ。誰を贔屓しているとか、悪口がどうとか、どこでもありますから。相手を見極めて、それ相応の対応をすれば穏やかに過ごせはしますが、それも自分が頑張らないといけないことですから、面倒なことには違いありませんけれどね。

関連
医学処:ペット誤嚥No1は竹串。医薬品もNo3にランクイン
医学処:犬に食べさせてはいけない食べ物について。
医学処:人のあくびは犬に伝染することが判明する。


広告
posted by さじ at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。