2008年12月11日

9200年前の歯垢から、古代人の食生活を分析する。

「歯垢」を分析、9200年前の食生活が判明

 約9200年前の人々がどんな食生活を送っていたのか?米国の研究者が遺跡から見つかった歯に残っていた「歯垢」を分析することで、当時の人類が食べていた穀物の種類などが判明したと、米科学アカデミー紀要(PNAS)電子版に12月1日、発表した。

 米スミソニアン熱帯研究所と米国立自然史博物館の研究チームは、南米ペルー北部ナンチョク谷付近で、約5500─9200年前に暮らしていた人々の遺跡から発掘された、6─8人の歯39本を調査。歯の表面に残っていた「歯垢」から、食べていたものを割り出した

 その結果、カボチャや豆、ピーナツ、地元の果実「パカイ」などを食べていたことが判明した。また、ほとんどの歯には穀物由来の「デンプン」が付着しており、調べた歯の3分の1のデンプン量はかなり多かったという。

 この結果から、この時代の人々が穀物を栽培し、定住していたことがわかるという。また、栽培された穀物が調理されていたこともわかった。

 研究チームは今後、穀物の種類などを突き止めて、ネアンデルタール人や初期の人類との食生活の違いを比較したいと話している。



 色んなことが分かるんですねぇ。

 藤子F不二雄のSF短編で、人間が一人でも生き残れば、遺伝子の進化過程を逆に辿って地球上の全生物を再生することも可能、という話がありましたが、何かこう、似てますね。

関連
医学処:キノコやワインに含まれるエリスリトールが歯垢を分解する
医学処:感染性心内膜炎の予防には歯のケアが欠かせない。
医学処:20歳以上の日本人の8割が歯周病になっている。


広告
posted by さじ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。