2008年12月07日

骨髄バンク始動から16年、骨髄移植の件数が1万を超える。

骨髄移植1万例、バンク始動から16年 なおドナー不足

 日本骨髄バンク(骨髄移植推進財団)は4日、国内の骨髄移植が3日で1万例を超えたと発表した

 バンクの活動開始から16年かかった。骨髄提供者の登録は32万7千人に増えたが、登録者と白血球の型が合わないなどで移植できない待機者は11月末で2360人

 毎年、待機者の約2割が亡くなるため、さらに、登録を呼びかけている。日本さい帯血バンクネットワークも、臍帯血移植が2日で5千例を超えたと4日に発表した。



 そうなんですよね。。

 待機者が2000人少しと、まぁそんなに多くないかな?と思われがちですけど、実際にはその何割かが亡くなって、そして何割かが発症しているんです。

 誰が発症するか、わからないのも血液の病気です。この骨髄バンクはまさに助け合いの精神で運営されています。登録者が多ければ多いほど、助かる可能性は増えるのです。

 血液疾患ですと、もう残された治療法は骨髄移植しかない、という状況もあります。その方が3ヶ月後に生きていられるかどうかは、「健康な人の助け」に懸かっているのです。

参考:骨髄バンク ドナーの輪

関連
医学処:ドナーの骨髄移植検査料が3000円値下げされる。
医学処:日本より中国の骨髄提供者が多いので中国と提携します
医学処:骨髄採取の新技術「潅流法」なら、負担が軽く痛みも軽減。
医学処:骨髄を提供した場合に10万円支払う活動を行う団体
医学処:先天性免疫不全症に、造血幹細胞を移植して改善することに成功。
医学処:骨髄バンクのドナー登録数、30万人を超える。


広告
posted by さじ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。