2008年12月07日

三井記念病院の麻酔研修事故、指導医らを告訴する方針へ

三井記念病院で麻酔後に死亡、男性遺族が告訴状

 東京・千代田区の三井記念病院で歯科医による外科手術麻酔の研修が不適切な形で行われていた問題で、研修中の歯科医から2006年に全身麻酔を受け、その後死亡した都内の男性(当時73歳)の遺族が3日、同病院の当時の指導医ら4人を業務上過失致死と医師法違反容疑で告訴する告訴状を警視庁に郵送した

 遺族側代理人の弁護士が記者会見して明らかにした。遺族はこの日、厚生労働省の医道審議会医道分科会に対しても、4人の行政処分を申し立てた。

 告訴状によると、当時の指導医らは06年10月、重い腎臓病だった男性に人工透析のための手術を行った際、心機能が低下しているのに全身麻酔を選択するなど術前の評価を十分せず麻酔も歯科医に単独で行わせた。その結果、男性は直後に心停止に陥り、意識不明のまま2か月後に死亡した、としている。

 この問題で同病院の事故調査委員会が今年3月にまとめた報告書は、麻酔と事故の因果関係を明確には認めていない。

 同病院は「現時点で告訴内容を把握していないのでコメントできない」としている。



 人工透析のための手術というと、おそらく腕の手術でしょう。透析の針は太い上に、数多く行わなければいけないため、腕の動脈と静脈を繋げるシャント手術を行います。簡単な手術なのですが、、、それで死亡してしまうとは本人も家族も分からなかったでしょうね。

 その原因が麻酔にあり、麻酔をかけた人が不適切な研修によるものであるとしたら・・・。

関連
医学処:三井記念病院の歯科医による麻酔研修は患者側への説明も嘘ばかり。
医学処:歯科医を対象に、ずさんな麻酔研修を行っていた三井記念病院。


広告
posted by さじ at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。