2008年12月07日

精神科病院、貝塚中央病院で入院患者の違法拘束による死亡事故

違法拘束か男性死亡、大阪の精神科病院 記録も改ざんの疑い

 大阪府貝塚市の精神科病院「貝塚中央病院」で今年1月、入院患者の男性(当時48歳)が身体拘束中の事故で重体となり、救急搬送先で死亡していたことがわかった。府警貝塚署は業務上過失致死の疑いで捜査している。

 精神保健福祉法では、身体拘束には精神保健指定医(指定医)の直接診察に基づく指示が必要だが、事故時に夜勤だった看護師は「昼間から指示なしで拘束されていた。理事長の命令で記録を改ざんした」と話している。

 複数の病院関係者も「違法な拘束などの人権侵害が日常的に行われてきた」と読売新聞の取材に証言。病院側は「捜査で事実がはっきりしてから答える」とし、取材に応じていない。

 関係機関の記録によると、男性は1月17日、自宅前で倒れ、堺市内の病院に運ばれた後、アルコール依存の症状があり、同日夜に貝塚中央病院に転院した。

 重体で発見されたのは21日未明。腹部だけを拘束帯でベッドに固定されており、締め方が緩かったため、ベッドの左横に体がずり落ち、体重で腹部が強く圧迫されていた

 別の病院に運ばれて手術を受けたが、3月に死亡。司法解剖では腹部圧迫による腸管壊死だった。

 病院側は保健所への報告で、当直医が指定医の資格を持つ田村善貞理事長(60)(当時、院長兼務)に電話で指示を仰ぎ、同日午前0時半ごろ、夜勤の男性看護師(52)が拘束したと説明。体を動かすのでベッドから落ちないようにするのが目的だったとしている。電話による拘束指示でも違法になる

 この男性看護師も当初はほぼ同様の説明をしていたが、退職後、貝塚署の調べに「事故後、理事長の指示で看護記録を作り替えた」と説明、保健所への報告内容は事実と異なるという。



 よろしくない。

 人を「拘束する」ということは、重大なことです。施行するためには、それなりの手順を踏まなければなりません。

 その手順が法律として定められているにも関わらず、医療者の怠慢で施行されないというのは、愚行であると思います。精神科の暗部を払拭しようと努力してきた人たちに申し訳ないぐらいです。

関連
医学処:精神科病院で患者が放火。5人が死傷
医学処:統合失調症の男に刺された男性が、病院と主治医に2億の損害賠償
医学処:精神科の急性期病棟設立。重症患者を中心に治療


広告
posted by さじ at 02:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
新聞記事は全部本当のことです。
指示もなく拘束したのは、事実だし
改竄も事実ですよ。
まあ、職員がこうして言うのだから間違いないですよ。
Posted by 事実です at 2009年09月03日 21:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。