2008年10月25日

救急たらい回し問題で、舛添厚労相と石原都知事がバトル。

舛添厚労相「週末の当直医1人だけ」 石原知事「医者増やすのは国の責任」

 脳出血を起こした東京都内の妊婦が8病院に受け入れを断られ、出産後に死亡した問題で、舛添厚生労働相と石原慎太郎・都知事が24日、互いに記者会見で、国と都の責任を批判し合った。

 口火を切ったのは舛添厚労相。午前の閣議後会見で、都立墨東病院がいったん受け入れを断ったことについて、「週末に当直医が一人しかいない。これが(重症の妊婦の緊急治療に対応する)周産期センターといえるのか」としたうえで、「とてもじゃないけど都には任せられない」と批判した。

 これに対し、石原知事は午後の定例会見で、報道陣の質問に答える形で反論。問題の背景に産科医不足の現状があることから、「東京に任せてられないんじゃなくて、国に任せてられないんだよ。医者の数を増やすのは国の責任。舛添君、しっかりしてもらいたいよ」と切って捨てた。



 よくわからんです。反論しあっているのか、果たして。

 これって結局は両方の責任逃れに過ぎないですよね。医者が不足していること、当直医が1人しかいなかったこと。解決するにはどうしたらいいのか?

 予算をまわせと。

 国立医学部の定員を全ての大学で10人ずつ増やせばいい。国立大学医学部の学費は私立に比べると非常に安いですが、結局1人を育成する費用は変わらなくて、その分は税金で負担されています。1人あたり税金でン千万払うとして、1大学あたりン億。国立は40校ぐらいあるから100億ぐらいか。1年間にそれだけまわせれば医者は増えますよ、えぇ。もしくはその100億を使って、医科大学を作ってしまう。自治医大システムで。

 予算ないですかね、1人死んだことでこれだけ大騒ぎするにもかかわらず、わけのわからない建物を作るお金はあるのに。いや政治家の役割は決して医療だけに目を向けていてはいけないことは重々承知ですが、問題解決のためにはやはりお金をどこかから持ってくるしかないと思いますよ。

関連
医学処:福島市内で、交通事故から救急搬送できなかった。
医学処:札幌市産婦人科医会が二次救急からの撤退を通告する。
医学処:自民党が救急医療基本法を提言してる。


広告
posted by さじ at 14:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
妊婦たらい回し事件は大ニュースになりましたが、なぜ都外への越境搬送を行おうとしなかったのかがわかりません。

東京都内完結ではなく神奈川県や千葉県や埼玉県といった地域への越境搬送確認も迅速にして東京都でも都外への越境搬送を増やして欲しいです。

東京都には三方を神奈川県に囲まれた町田市もありますから。
Posted by 有馬藩主(15-34歳) at 2009年04月17日 22:19
東京内で処理しようという暗黙の何かがあるんでしょうかね。
人命を最速で救助できるシステム作りが求められます。
Posted by さじ at 2009年04月18日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。