2008年10月19日

全く酒を呑まない人の脳は、脳容積の減少が最も少ない。

アルコール、飲むほどに脳が縮小=米研究

 アルコールを飲めば飲むほど脳が縮小するという研究結果が13日、明らかになった。米マサチューセッツ州のウェルズリー大学のキャロル・アン・ポール氏が率いる研究チームが、神経学の専門誌「Archives of Neurology」で発表した。

 研究チームでは、適量のアルコールにより加齢によって進む脳容積の減少を食い止めることが可能かを検証しようとしたが、結果は不可能だったという。

 同研究によると、生涯にわたって酒を飲まなかった人々が最も脳容積の減少が少なかった。続いて、過去に飲酒していたが今は飲まない人々、現在適度な飲酒をする人々、現在大量に飲酒する人々の順で、脳容量の減少の割合が少なかった。

 これまで、多くの研究によって適度の飲酒は心臓に良いとされてきた。



 ほんの少しは、アルコールによる利益というものはあるんでしょうけれど、それでも脳が萎縮していくんだったら、考え物ですよね。

 自分があまりお酒呑まないんで、電車の中とかでチューハイ飲んでる中高年を見ると愕然とします。そこまでして飲みたいものなのかと。飲みたいんでしょうねぇ。。。

関連
医学処:大酒飲みは自殺のリスクが著しく高い
医学処:アルコール中毒に対する対処法は?
医学処:欧州最高齢の112歳男性の長寿の秘訣は酒と煙草と激しい女


広告
posted by さじ at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。