2008年10月16日

臓器提供意思表示カードを全国に置いたローソンに感謝状。

臓器移植で感謝状 ローソンへ

 厚生労働省は、臓器提供意思表示カードの普及に協力した大手コンビニエンスストアチェーンのローソン(本社・東京)に、舛添厚労相の感謝状を贈ることを決めた。

 ローソンは1999年1月から全国約7000店のレジ脇などに意思表示カードを置き、今年3月までに計680万枚を配布した。



 これはもっと褒め称えられるべき。

 ・・・とは言うものの、私自身一度も見たことないんですよね、ローソンしょっちゅう行くのに。もしかするとあの申し込み用紙が沢山あるところにあるんでしょうか。

 だとしたら私が見たことないのも当然というべきか・・・。

 臓器提供意思表示カードは、所持してナンボです。提供する人だけが持てばいいのではありません。提供しない人も、提供しないという意思を書いて所持すべきなのです。お近くのローソンにはあるらしいので、是非みなさん寄ってみて下さい。お願いします。

関連
医学処:ねんがんの臓器提供意思表示カードをてにいれたぞ!
医学処:臓器移植法施行から10年。助かった人数209人。
医学処:臓器移植法の早期改正を訴える。


広告
posted by さじ at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。