2008年10月09日

女性産科医の過半数は、妊娠をしても当直は減らず。

女性産科医:過半数、妊娠中も当直減らず 育休制度4割なし

 産婦人科で働く女性医師の3分の1は妊娠・育児中であるにもかかわらず、病院が子育て支援のために当直を減らしたり、院内保育所を設けているケースが半数以下であることが、日本産婦人科医会の実態調査で分かった。法律で義務付けられた育児休暇制度も約4割の分娩施設が「ない」と答えており、医会は「女性医師は医師不足にあえぐ産科の貴重な戦力なのに、管理者の意識が低すぎる」と嘆いている。

 産婦人科の女性医師の割合は2割を超え、一般の診療科(約15%)よりも高いが、免許取得後10年で半数が分娩から離れており、職場の育児環境整備が急務になっている。今回、全国853カ所の分娩施設から回答を得た調査では、女性医師の33%が妊娠・育児中で、リスクが高い妊娠を扱う大学病院や日赤病院でも3割を超えていた。

 こうした女性医師に配慮し、当直回数を減らしている施設は、妊娠で46%、育児で41%と、いずれも半数以下。特に国公立病院は、育児中でも6割以上が通常の当直を余儀なくされていた。代わりの医師を手当てする制度がある施設も13%だけだった。

 院内保育所を設けている分娩施設は47%で、日本医師会調査による全病院平均(31%)よりは対応が進んでいる。ただし病児保育や24時間保育があるのは1割程度しかなく、利用者は約4割にとどまっていた。また育児休暇については、38%の施設が育児休業法に反して「ない」と回答しており、実際に3割の女性医師が休暇を取れていなかった。



 24時間の病院内保育所か・・・。

 いや問題解決は簡単な話、国がちゃんと労働対価を支払えばいいんですよ、産婦人科医に。医師不足でどれだけ勤務医が働いているのか分かってるのかって話です。お金さえちゃんと出してくれれば、保育所は容易いと思うのですが。

 まぁ医師になった時点で、休暇などは諦めざるをえないような境遇ですからねぇ。それが医師の運命、と物分り良く分かってしまっている現状がおかしいのであって、それを変えるためには国がちゃんと動いて医療従事者を尊重してくれないと・・・。


広告
posted by さじ at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。