2008年10月07日

2008年度のノーベル医学生理学賞は「HIV&HPV」

ノーベル医学生理学賞にウイルス発見の独仏研究者ら

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は6日、子宮頸(けい)がんを引き起こすウイルスを発見したドイツのハラルド・ツアハウゼン氏と、エイズウイルスを発見したフランスのリュック・モンタニエ氏ら2人に対し、2008年のノーベル医学生理学賞を授与すると発表した。



仏独3氏にノーベル医学賞=エイズ、子宮頸がんウイルス発見

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は6日、2008年のノーベル医学・生理学賞を、エイズウイルス(HIV)を発見した世界エイズ研究予防財団(本部パリ)のリュック・モンタニエ名誉教授(76)と仏パスツール研究所の女性研究者フランソワーズ・バレシヌシ教授(61)、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)を発見したドイツがん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授(72)の3人に授与すると発表した。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。賞金1000万スウェーデンクローナ(約1億4400万円)はハウゼン氏に半分、モンタニエ氏ら他の2人に4分の1ずつ贈られる。



ノーベル医学・生理学賞 エイズウイルス発見などの3氏に

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は6日、2008年のノーベル医学・生理学賞を、エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)の病原体であるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)を発見した世界エイズ研究予防財団のリュック・モンタニエ氏(76)とフランスのパスツール研究所の女性研究者、フランソワーズ・バレシヌシ氏(61)、子宮頸(けい)がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)を発見したドイツがん研究センターのハラルド・ハウゼン氏(72)の3人に授与すると発表した。

 モンタニエ氏ら2人の授賞理由について同研究所は「エイズが1981年に報告されたあと病原体をいち早く発見し、世界的な疫病の拡大を抑制した意義は大きい」と説明。ハウゼン氏には、「世界中のがんの5%を引き起こしていたウイルスを見つけ、がん予防に貢献した」と評価した。

 モンタニエ氏ら2人は83年、エイズ患者からレトロウイルスの単離に成功。86年にはエイズの病原体であるHIVと特定。HIVに感染しているかを調べる血液検査が可能になった。病気の進行を抑制する3剤混合薬も開発され、“死の宣告”同然だったエイズが管理できるようになった。

 フランス通信(AFP)によると、HIV発見25年を記念して今年5月にパリで開かれた国際シンポジウムでモンタニエ氏は「HIVの形状は多様で、われわれが考えていたよりも複雑だ。人類は完全には理解していない」と語っていた。

 一方、子宮頸がんの発生は昔から性行為が関係しているとされてきた。だが、ハウゼン氏は83年、がん組織の中からHPVの1つを発見。このウイルスとがん発生の関係を証明した。



 まさかの、ウイルス受賞。しかもダブル。

 今や一般人でも知っている性行為感染症の二台巨頭、HIVとHPVです。

 しかし・・・このウイルスは発見されてから二十数年経っても、未だに根治できるような代物ではありません。症状を半永久的に抑えることはできるようになりましたが。

 まぁ、大発見ですからね。妥当なところではないかな、と。。。山中教授のiPS細胞も、いつかは受賞するんでしょうけれど、何十年後になるかは分かりません。

関連
医学処:2006年度のノーベル生理学・医学賞は「RNA干渉の発見」
医学処:2007年度のノーベル医学生理学賞は「ノックアウトマウス」
広告
posted by さじ at 00:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
ある一定の社会の管理と言う原理を優先し適応する場合に学術的認識が、この場に存在するならば理解と認識に並ぶ場合に二つの病は同じ論拠があり、まさに個人の自由と社会の中の間の境界線にある問題であります
Posted by みか at 2010年12月05日 10:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107707039

この記事へのトラックバック