2008年09月27日

若い女性と中高年は葉酸を積極的に摂取しよう。

「葉酸」健康の源

 葉酸は胎児の発育を促すだけでなく、脳卒中や認知症のリスク軽減にも有効という報告があり、注目されている。葉酸をPRし、市民の健康づくりに役立てようと試みる自治体も登場している。

 鶏卵を扱う業界最大手の「JA全農たまご」(東京)は、自社ブランド「しんたまご」を改良し、葉酸含有量を約2倍に増やして9月から発売を始めた。10個入りが300〜400円で全国のスーパーなどで販売されている。

 一般の卵の場合、100グラムあたりの葉酸量は43マイクロ・グラム(1マイクロ・グラムは100万分の1グラム)。それに対し、「しんたまご」は80マイクロ・グラム含まれている。鶏のエサに葉酸を添加することで開発に成功したという。

 「加熱しても葉酸の量が減らないし、体内での吸収もいい。健康に貢献できる商品を作りたかった」と同社。

 首都圏を中心に約90店ある「ナチュラルローソン」では、「葉酸玉子の厚焼玉子おにぎり」(158円)をはじめ、葉酸入りのクッキーやあめなどを扱う。

 葉酸は、ブロッコリーやホウレンソウなどに多く含まれるビタミンの一種。胎児の正常な発育に欠かせないと言われており、厚生労働省では妊娠を希望する女性に対し、1日400マイクロ・グラムの摂取を推奨している。

 しかし、認知度は今ひとつで、若い女性の摂取量は1日250マイクロ・グラム前後といわれている。葉酸の不足から、先天性の病気を持つ赤ちゃんが生まれる懸念もある。そのため医師らを中心に「葉酸と母子の健康を考える会」(京都市)が昨年発足。葉酸のPR活動に取り組んでいる。

 さらに最近では、脳卒中や認知症などのリスク軽減にも期待できることが、各国の研究からわかってきた。アメリカでは、成人の1日の摂取推奨量を日本の約2倍の400マイクロ・グラムに設定。1998年からは、小麦などの穀物に葉酸の添加を義務づけるなど、国策として葉酸摂取を推進している。食物への葉酸の添加は、カナダなど世界50か国以上で実施されているという。

 「アメリカでは葉酸の添加を義務化して以降、脳卒中の発症が減っている。毎日、摂取することで認知症や脳卒中の予防に効果が期待できる」と女子栄養大副学長で医師の香川靖雄さんは話す。

 葉酸を含む食品の開発支援も行う。首都圏に約30店舗を展開するパン店「サンメリー」と地元のパン店4店は、坂戸市の働きかけに応じ、「葉酸ブレッド」を発売、人気商品となっている。同市内では、葉酸入りのレトルトカレーや手打ちうどん、ドレッシングなども登場している。

 「自然の食品から必要量の葉酸を摂取できるのが理想だが、実際には難しい。葉酸を添加した食品を上手に生活に取り入れて無理なく摂取してほしい」と坂戸市健康づくり政策室では話している。



 外食している若い世代は、葉酸が不足しがちかもしれません。

 特に女性の場合、赤ちゃんが二分脊椎症にならないためにも、葉酸は摂取しなければいけないのですが・・・葉酸を摂取するタイミングは「妊娠前から」ですので。妊娠してから、じゃあ予防のために葉酸を摂ろうと思っても遅いんですよね。妊娠の可能性のある女性は積極的に摂取するようにしてください。

関連
医学処:先天性障害の発症リスクを下げる「葉酸」を知らない妊婦が多すぎる。
医学処:脳血管障害や二分脊椎を予防する、葉酸を積極的に摂ろう。


広告
posted by さじ at 02:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
ほうれん草と牡蠣と人参のクリームシチューに、じゃこシソご飯に、大粒苺盛り合わせに黒毛和牛のソテーにデンマーク製カマンベールチーズがとても美味しくて、健康なお産んを目指す健康的に美しく輝いて居たい、料理なんてろくにしない私にだって貴方のためならば
Posted by みか at 2011年03月05日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。