2008年09月14日

山中教授のiPS細胞の特許が国内で成立する。

iPS細胞の特許成立=マウス・ヒト問わず、4遺伝子で−京大

 京都大は11日、山中伸弥教授が世界で初めて作った人工多能性幹(iPS)細胞の特許が国内で成立したと発表した。特許は山中教授が特定した4つの遺伝子を体細胞に導入してiPS細胞を作成する方法。特許の文言には「体細胞」としか書かれておらず、京大は「ヒトも含まれる」とみている。

 世界では3つの遺伝子や化合物で作成する方法の開発が進められている。今回の特許で権利を主張できる範囲について、記者会見した松本紘次期総長らは「判断するのは裁判所」としつつも、「他の権利も確保されていくようにする」と述べた。

 京大は2006年12月に特許を国際出願し、今年5月に日本で一部を分割して出願。今回、この分割した特許が認められた。他に約20の国と地域にも出願。国際出願に先立ち、05年12月に国内で出願しており、特許はこの時期にさかのぼって優先されるという。



 圧倒的に日本がリードしているiPS細胞部門。

 この特許をうまく生かして、世界に発信する医療大国になってもらいたいものですねぇ。iPS細胞、期待しています。

関連
医学処:京都大学がiPS細胞の関連特許を管理する会社を設立。
医学処:親知らずからiPS細胞を作ることに成功する。


広告
posted by さじ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。